CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 【福島県】令和2年3月1日以降の保険医療機関等における一部負担金免除の取扱いについて(3月2日掲載) | Main | (山形経済新聞より)山形・寒河江の果樹園が学童などにリンゴ提供 新型コロナの影響受け »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
(産経新聞Web版より) 新型肺炎で学童保育へ250円弁当「もうけなし」 山形の給食会社[2020年03月05日(Thu)]
(産経新聞Web版より)
新型肺炎で学童保育へ250円弁当「もうけなし」山形の給食会社

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための臨時休校を受け、幼稚園や企業などへの給食を担う山形県天童市の民間会社「天童給食センター」は9日から、天童、村山両市など村山地方の4市1町の学童保育所へ弁当を配食する「臨時休校支援学童保育用弁当」を始める。

 1食当たり250円(税込み)と低価格で、おかずが盛られた皿とご飯のセット。注文は週単位(月曜から土曜)で受け付け、配送担当者が1食分から学童保育所に1日分ずつ届ける。

 同社の野川勝史専務は「共働き世帯の多い山形県で、お母さん方の手助けに少しでもつながればと通常の給食より安い料金で設定した。もうけはありません」と話している。

 4月4日まで。午前8時から午後5時まで受け付ける。問い合わせは同社0237・41・0123。

Posted by kokohuyamagata at 13:29 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/663
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml