CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2020年度福島県立高等学校入学者選抜実施要綱が発表されました | Main | 「第23回NHKハート展」東根市にて開催中! »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「おもちゃ病院」のご紹介[2018年10月09日(Tue)]
   (山形暮らし)

おもちゃの音がおかしくなった、
光らなくなった、走らなくなった、
動き方が変になった…。

そんな「治療」が必要になったおもちゃたちを
直して(治して?)くれるのが
「おもちゃ病院」です。
「日本おもちゃ病院協会」とは、
>こわれた「おもちゃ」を原則無料で修理し、
>新しい生命を与えることに価値を見出し、
>生きがいを感じているボランティア
の全国組織です。
2017年3月現在、全国で1400余名の
「おもちゃドクター」が日本各地で
活動をなさっているとのこと。

山形県内にも3ヶ所の「おもちゃ病院」が
あります。
・ コープしろにし 診療所(山形市)
 ( 城西町5-26-28 )
 毎月第3日曜日 10:00〜15:00
 TEL 023-643-0335
・中央児童館 ひろっぴあ(鶴岡市)
 (苗津町1-1)
 毎月第1日曜日 13:30〜15:30
TEL 0235-24-4608
・すこやかセンター(米沢市)
 (西大通1-5-60)
 毎月第4日曜日 13:30〜15:30
TEL 0238-24-8181
  090-4311-5787

「日本おもちゃ協会」のHPには
家庭でできるおもちゃ診断も掲載されています。
また、「おもちゃ病院」へおもちゃを
持ち込む際の注意(説明書や外箱を持って行く、
取れた部品や破片があれば持って行くなど)
もありますので、
是非ごらんになってみてくださいぴかぴか(新しい)
(充電式電池だとおもちゃに使われている
モーターが上手く作動しないことがある、
というのは初耳でした!)
※「日本おもちゃ協会」HPへはこちらから。
https://www.toyhospital.org/
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/449
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml