• もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« こども医療給付の対象年齢について | Main | 山形県の雛祭りイベント開催 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「誰も取り残されない被災者支援を目指して〜能登半島地震・過去災害から見据える法改正〜」のお知らせ[2024年03月19日(Tue)]
みなさん、こんにちは
本日は、「誰も取り残されない被災者支援を目指して〜能登半島地震・過去災害から見据える法改正〜」についてお知らせです。

今回のシンポジウムでは、令和6年能登半島地震の支援現場からの報告に加えて、国・地方自治体・支援者などの様々な角度からこれからの被災者支援について考えていきます。
●日時:令和6年4月12日(金)14時〜16時
●会場:全社協・灘尾ホール
    (東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル)
●開催方法:会場参加(会場定員100名)及び
      オンライン配信によるハイブリット開催
●対象:行政職員・支援者・研究者等
●プログラム
1.基調講話
2.令和6年能登半島地震の支援現場からの報告
3.パネルディスカッション
●参加費:無料
●参加方法:ウェブサイト、メール、FAXでお申込みください。
ウェブサイトはこちらから
メール又はFAXの方はお名前、ご所属、参加方法(来場/オンライン)、緊急連絡先をご記載ください。
【お問合せ】
3.11から未来の災害復興制度を提案する
事務局:特定非営利活動法人いわて連携復興センター
   (電話)080-6014-2964
   (メール)311kaerukai*ifr.sakura.ne.jp
       (*を@に変換してお送りください)
R6 4.12 被災者支援.jpeg

R6 4.12 被災者支援2.jpeg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/1165
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml