• もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 避難者アンケート調査にご協力をお願いします | Main | 福島県相談窓口 »
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
こどもday!「山形名物どんどん焼をつくろう」[2023年07月19日(Wed)]
こんにちはわーい(嬉しい顔)

みなさん、どんどん焼はお好きですか?
山形のソウルフード!どんどん焼ぴかぴか(新しい)
私、小さい頃からお祭りの屋台でどんどん焼食べまくってました手(チョキ)
小さい頃は食べるのが下手っぴいなので、残り少なくなってくるとボトっとがく〜(落胆した顔)落下し何度悲しい思いをしたことかもうやだ〜(悲しい顔)
昔はソースかしょうゆ味?しかなかったような…。
今は、チーズ、ピザ、もち、納豆etc…とバリエーションがすごいexclamation×2

本日は山形市避難者交流紫煙センターよりこどもday!「山形名物どんどん焼を作ろう」のお知らせでするんるん

こどもday!「山形名物どんどん焼を作ろう」  
◆日時 : 7月23日(日)10:00〜15:00
◆場所 : 霞城公民館 調理室
◆持物 : エプロン、三角巾
◆費用 : 無料 
◆対象 : 避難中の親子    

お家に持ち帰って美味しく食べてください♪とのことです。
上手にお箸にまきまきできるかな〜。

どんどん焼という名の由来はいくつかあり、屋台の店先で客を呼ぶため太鼓をドンドンと鳴らしていたからどんどん焼というものや、どんどん売れることからどんどん焼という説などがありますが、はっきりしたことはわかっていません。

あ〜、無性に食べたくなってきました。
仕事帰りに買って帰ろうっとハートたち(複数ハート)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/soudan/archive/1019
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
https://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml