CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 報告 | Main | スタッフ»
超高齢化社会 記事 [2013年03月31日(Sun)]
2012年度の最終日です。
今日の北海道新聞に
少しだけ会のことが載りました。

北海道は40年後には、全国4位
4割が高齢者になると予測しています。


今後、年間を通して「超高齢化社会」が連載される予定で、
会にも幾度か記者の方がみえて
取材を受けました。

人口構成のグラフを見ると
高齢化が明らかです。

どこの国も経験したことがない
超高齢化がすぐそこに・・

IMG_0001.jpg

下の記事に続きます。
下段に会のことが載っています。
IMG.jpg
朝日新聞 記事 [2013年03月23日(Sat)]
昨日の朝日新聞に葬送フェアの記事が写真入で掲載されました。

葬送フェア終了後、事務所に問い合わせも多く、
関心の高さを感じます。


朝日新聞記事.jpg
札幌市消費者協会の葬儀アンケートから [2013年01月22日(Tue)]
札幌はようやく、真冬日を脱出exclamation
といっても、例年よりは少し低い気温のようですが、
暖かく感じますわーい(嬉しい顔)

1月19日の北海道新聞に、
札幌消費者協会が行った葬儀のアンケートの記事が載りました。

IMG.jpg

約650人の市民から回答
結果は6割が家族葬を希望しているという結果になりました。

この結果は日頃の会員相談からも伺えるものです。
ごく身近な親族、友人に送ってもらいたい。
できるだけ費用を抑えたい
自分らしい葬儀にしたい
納得のゆく葬儀にしたい

などなど・・・

「家族葬」だから費用が安くすむと
思いがちですが、
場合によっては思った以上に費用がかかってしまうこともあります。

参列者が少ないので香典が少なく持ち出しが多い
あるいは葬儀社さんの勧める通りに行い、不要なものがたくさんあった

参列者10人足らずなのに
200万円近く請求されたという話も聞いたこともあります。



一般的には葬儀には決まりがあると思われがちですが、
法律的な決まりごとは意外に少ない
ということは自由裁量でできるということです。

そして最低限必要なものは 
棺・お骨を入れる壷または箱 そして遺体搬送の車
この3点

後はオプションで何を付け加えるかを考えるといいのではないでしょうか

記事の結びにあるように事前準備が必要です。
自分の希望を機会があるごとに身近な人に知らせたり、
旅立ちノートに書いておくことを勧めています。
自筆の記載があれば、親族に反対する人がいても
納得するのではないでしょうか

北海道新聞の記事「幸せに死んでいけるか」 [2012年12月09日(Sun)]
全国的な寒波到来。札幌も昨夜からの積雪で
歩きづらい道路になっています。雪

今朝の北海道新聞の2面 総合に
大西隆雄編集委員の記事

「幸せに死んでいけるか」

という題で、会が出版した本「女たちのお葬式」の反響などから書いた論説が
掲載されましたexclamation×2

なぜ、会の活動に共感を得る人がこんなに多いのか・・・

IMG.jpg
代表理事が「北海道新聞」に紹介される [2012年11月23日(Fri)]
今日の札幌は雨に近い雪模様雪
地面に落ちるととけるような雪です。

昨日の北海道新聞 総合 2面に澤代表理事の紹介記事が掲載されました。


IMG.jpg

葬儀の学習会から始めて、15年。
記事にもあるように、葬送に関する意識が時代とともに変わって
15年前はタブー視されていたことも、今ではさほど驚かれることもなくなってきています。
そういう意味では、活動しやすくなったとも言えそうです。

ところで、どんな代表かというと・・・(ここだけの話ですが)
普段は物静かではありますが、説得力のある語りはとてもソフト
会をまとめる力、さりげない求心力は、高い右斜め上
何よりも勉強熱心・・・いろいろなことを精力的に吸収する力は素晴らしいぴかぴか(新しい)
見習わなければあせあせ(飛び散る汗)




北海道新聞「ほっかいどうの本」で紹介 [2012年11月04日(Sun)]
昨夜は強風と雨で大荒れでしたが、一夜明けて今は曇り空ですが穏やかです。曇り
初めての本が出版されて、10日あまり・・・
本の反響が気になるところです。

今朝の北海道新聞の「ほん」の紹介欄に「女たちのお葬式」が掲載されましたわーい(嬉しい顔)

IMG.jpg
もう一つ、10月26日 朝日新聞 朝刊にも掲載されましたるんるん

朝日書評.jpg

テレビ放映 [2010年12月02日(Thu)]
当日の告知になってしまいましたが・・・

本日午後4時53分からのHBC「Nスタ×NEWS1」の中で「終活」が特集されます。
会でも取材を受けましたので、ご覧ください。ウインク
テレビ放映 [2010年10月01日(Fri)]
直前のお知らせで申し訳ありません。

本日、午後2時55分からHBCテレビ「グッチーの今日ドキッ」で会のことが紹介されます。

お時間のある方はご覧になってみてくださいびっくり
日経新聞に載りました [2009年08月21日(Fri)]
2009年8月12日(水)、日本経済新聞「変わる弔いのかたち」に当会の旅立ちノートを書いている会員さんのことが載りました。

自分の葬儀のかたちを決め、娘にも同席してもらって7月に葬儀社の見積もりをとったばかりのYさん。最後に着る服、自分で書いた会葬礼状も用意している。「今は安心し、すっきりとした気分」・・・記事より

左のピンクの説明をよみながら、右のページにチェックを入れたり自由に書き込んだり、旅立ちノートを書き進めていくと、自分の思い描く最後のかたちが見えてきます。

取材の記者さんとYさんの話を聞きながら、旅立ちノートを書いたことを家族に知ってもらうこと、葬儀社との見積もりに家族の同席があることがその自分の思い描いたプランの実現には、とても重要なことなのだなーと思いました。
のりゆきのトークDE北海道 [2009年03月15日(Sun)]
3月5日、「のりゆきのトークで北海道」に出させていただきました。

おくりびと」ならぬ「おくらないひと」も!?
コレが常識!?今どきの葬儀事情


というタイトルで、納棺師さん、葬儀場、そして会の「旅立ちノート」・手作りの骨壷・旅立ちの衣装などが紹介されました。

緊張していたので、思ったことをきちんと話せず、少々落ち込みました。

しかも、テレビを見ていた何人かに「途中で寝てたしょ?!」と言われてしまいました。落ち込み

まさか〜 悲しい
いくら私でも本番中に寝るわけないでしょー
ちょっと下を向いていただけだよー   と、弁解。

でも、「旅立ちノート」や講習会の問い合わせに関する電話をたくさんいただき、感謝、感謝です。笑顔(ち)