CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«祭りの後の、寂しさよ | Main | 「葬送フェア」盛況に終わる»
長野へ出張 [2013年03月05日(Tue)]
あっという間に、2月が去ってしまいました。
まさに2月は逃げる

3月2日の暴風雪は、予想をはるかに超えるもので、
道北では犠牲者が出るほどの猛威でした。台風
なくなられた方々には心からご冥福申し上げます。

ここ札幌でもこの日は風雪が強くなり、
家の前には吹き溜まりができていました。

今日は啓蟄。小春日和を思わせる日差し
確かに春が近づいているのを感じます。

今日から、スタッフ2名、長野に出張に行っています。


この会と交流がある松本市のライフデザインセンターの依頼で

旅立ちの衣装を通じて 自分らしい葬儀について考える


という題材で講座を開く予定です。
同時に「旅立ちの衣装展」を行ないます。

この「旅立ちの衣装」という言葉は、この会の発足当時から使われていました。
昔は旅立ちの衣装って?
旅行のときの服ですか?
と聞かれたこともあるようです。
今では「旅立ち衣装」と検索するとたくさん出てきますが・・・

まだまだ死装束の展示会がタブー視されていたころには
会場に入ってくることに抵抗があり、見ることができない人もいたということです。


また、「女たちのお葬式」の本を読んで
香川県直島から、5月に講座をお願いしたいという依頼も入っています。


道外(長野)で講座を行なうのは、今回が初めてかもしれません。

こちらのスケジュールがあえば、全国に出前講座に出向きます。





トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント