CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本の反響 | Main | 会報「ハッピーエンド」NO.74 発行»
札幌市消費者協会の葬儀アンケートから [2013年01月22日(Tue)]
札幌はようやく、真冬日を脱出exclamation
といっても、例年よりは少し低い気温のようですが、
暖かく感じますわーい(嬉しい顔)

1月19日の北海道新聞に、
札幌消費者協会が行った葬儀のアンケートの記事が載りました。

IMG.jpg

約650人の市民から回答
結果は6割が家族葬を希望しているという結果になりました。

この結果は日頃の会員相談からも伺えるものです。
ごく身近な親族、友人に送ってもらいたい。
できるだけ費用を抑えたい
自分らしい葬儀にしたい
納得のゆく葬儀にしたい

などなど・・・

「家族葬」だから費用が安くすむと
思いがちですが、
場合によっては思った以上に費用がかかってしまうこともあります。

参列者が少ないので香典が少なく持ち出しが多い
あるいは葬儀社さんの勧める通りに行い、不要なものがたくさんあった

参列者10人足らずなのに
200万円近く請求されたという話も聞いたこともあります。



一般的には葬儀には決まりがあると思われがちですが、
法律的な決まりごとは意外に少ない
ということは自由裁量でできるということです。

そして最低限必要なものは 
棺・お骨を入れる壷または箱 そして遺体搬送の車
この3点

後はオプションで何を付け加えるかを考えるといいのではないでしょうか

記事の結びにあるように事前準備が必要です。
自分の希望を機会があるごとに身近な人に知らせたり、
旅立ちノートに書いておくことを勧めています。
自筆の記載があれば、親族に反対する人がいても
納得するのではないでしょうか

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント