CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ひまわりの里」平成29年11月25日 | Main | 「平成29年活動記録」»
プロフィール

若年認知症家族会・空知ひまわりさんの画像
若年認知症家族会・空知ひまわり
プロフィール
ブログ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加中
クリック応援
よろしくお願いします

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/sohimawari/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sohimawari/index2_0.xml
リンク集

「若年認知症北海道連絡会…発足」 [2017年12月28日(Thu)]
空知ひまわり会報第55号 平成29年12月発行

https://blog.canpan.info/sohimawari
連絡先(干場功) 080-5005-5298



若年認知症北海道連絡会…発足

 若年認知症サポートセンター宮永和夫理事長をお招きし、現在、北海道内にある家族会(北海道ひまわりの会:札幌市、旭川ひまわりの会:旭川市、東胆振ひまわりの会:苫小牧市、空知ひまわり:北竜町)の4団体、そして、オブザーバーとして北見赤十字病院、北海道保健福祉部高齢者支援局のご参加を頂き、平成29年10月22日(日)札幌市において初会合を開催しました。

 会議の冒頭、宮永理事長による「若年認知症の家族会の会に期待すること」と題して講演があり、その後、各団体の活動報告とそれぞれ関係機関との情報交換を行いました。最後に会の名称を「若年認知症北海道連絡会」と決め、会長に平野雅宣氏(北海道ひまわりの会)、副会長に干場功氏(空知ひまわり)、事務局に平野憲子氏(北海道ひまわりの会)を選出し、今後の活動内容を確認して終了しました。

 北海道は広大な面積があり、各地で人口減少問題も加速する今日、対象となる当事者の方も、それぞれの地域においては少ない状況が見え隠れしております。
この会の大きな目的は、北海道内のどの地域で生活をしていても、支援や相談を受けることの出来る体制の確立を目指し、北海道のネットワークを作ることであります。

 私達の家族会、空知ひまわりは今年10年の節目の年を迎えました。若年認知症に対する取組や社会に対する啓蒙は広がりつつありますが、まだまだ社会に浸透したとは言えない状況にあります。今後、北海道内の各地域に家族会の輪が広がることを願っており、空知ひまわりがその一助となれるよう精進して参りたいと思います。

 
若年認知症サポートセンター宮永和夫理事長






































































認知症サポーター養成講座

 平成29年9月5日(火)真竜小学校において「認知症サポーター養成講座」を小学4年生、5年生22名を対象にキャラバンメイト香味尚之氏の講師により開催しました。また、平成29年10月24日(火)には、北竜中学校において中学2年生13名を対象に香味氏の講師により開催しました。受講者の皆さんは、講師の講話に真剣に耳を傾けていました。




























































空知ひまわり10周年

 平成19年11月11日に1組の当事者ご家族と23名のサポーターによる家族会、若年認知症家族会「空知ひまわり」が誕生して丁度、丸10年を迎えました。平成29年11月10日の例会時に会員の皆さんで、10歳のお祝いをしました。










第40回北竜町民文化祭

 平成29年11月3日(金)北竜町公民館、北竜町農村環境改善センターを中心に第40回北竜町民文化祭が開催されました。空知ひまわりからも参加させて頂きました。また、青森県八戸市の若年認知症サポートセンター「ゆえみ」で若年認知症の方が製作された作品の販売と、空知ひまわり会員がこの1年間製作さいた作品の販売、更には100円コーヒーコーナーにおいて参加をしました。前日の準備、当日とご出役を頂いた皆さん、大変お疲れ様でした





































コメントする
コメント