CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年08月 | Main | 2007年10月 »
<< 2007年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ブログ大国日本[2007年09月03日(Mon)]
米ブログ検索サービスTechnoratiは、同社が追跡しているブログ7000万以上の言語分布を明らかにしましたが、06/Q4で日本語37%、英語36%、中国語8%、スペイン語3%、フランス語2%、ドイツ語1%の順です。

英語はアメリカとイギリス、インドなどの英語圏もあり、中国語も中国語圏があるので世界中から投稿されてるので多くなるのは当然ですが、日本語は日本だけでそれでこんなに多いというのは異常です。

日本はブログ好きなんですがテクノラティはその理由まで書いてません。

人口が多く、インターネットや携帯電話が普及しており、日本語のブログサービスもふんだんにあるというブログが増える基盤があるのは確かですが、それだけでは納得できません。

もともと昔からネットワーク社会だったからで、ブログというツールが出てきたときそれに自然に乗れたからなんじゃないかなと思います。

ITとネット技術はほとんどアメリカ発ですが、それを使いこなしてるのは日本で、そこは誇ってもいいことです。

昔重化学工業技術は欧米発でしたが、日本でそれを磨き世界に逆輸出するまでになった関係に似てます。

昔、ソフト経済になったからといって1億人がそれで食えるようにはならない、ソフト経済では3000万人ぐらいが食える程度でないかと批判されましたが、それは想像力不足の議論でした。

ITとネット技術と日本人の文化の相性がこれだけいいと、使い勝手のよいソフトは日本が開発する、そのソフトが世界中に広がって行くことを想像すると、1億人がこれで食えるかもしれないと思えてきます。

ブログ大国になっていることからこんな夢の話を思いつきますが、日本にはまだ見えないが広大な新しい大地が待ち構えてるのではと思うと楽しくなってきます。
Posted by mics at 14:50 | この記事のURL
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml