CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年06月 | Main | 2007年08月 »
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
アメリカの自動車産業の苦難[2007年07月30日(Mon)]
大前研一さんがニュースレターでアメリカの自動車会社を話題にしてますが、こんな内容です。

・フォードは傘下の高級車ブランド「ボルボ」と「ジャガー」を売却し、同時にルーマニア政府が民営化するクラヨバ自動車工場を買収する。ルーマニアの工場を買って、ジャガーとボルボという世界ブランドを売却するというのは、常識では考えられない事態である。経営がそこまで追い込まれている証拠
・高級ブランド車の買い手は中国、韓国、マレーシアなど、まだまだブランド力が低いアジアの自動車メーカーだろう
・BusinessWeek, July 23, 2007では「若者の車離れ」の特集をやっている。若者の生活パターンは、昇給や昇進を求めるのではなく、自分の生活にプラスして、自分のやりたいことをやれればいいという方向に変わってきており、それに合わせて、お金の使い道も、自己投資や車などの物欲を満たすためではなく、友人と食事に出かけるといったソーシャルな欲求のために使われている

日本の自動車産業はまだ好調ですが、やがて直面する事態は同じでしょう。衰退のスピードはアジアや東欧の自動車産業の成長スピードいかんですが、速そう。

どうなるんでしょうか。

並みの量産車は中国やインド、東欧が担当し、先進国ではトヨタが進めてるような環境対応車の開発がメインの仕事になるのでは、自動車生産でなく環境産業に分類されるような産業に変わるのが出口の一つでしょう。

自動車産業のコアコンピタンスが変るんです。
Posted by mics at 20:55 | この記事のURL
Patina[2007年07月27日(Fri)]
ランダムハウス英和辞典でひくと、緑青、つかいこまれた古色、年代をかんじさせる風格、品位、趣のことで、日本の侘び寂びに近い語感の言葉が英語にあるなんて知らなかった。

携帯電話開発の基本コンセプトにこれをすえて開発する話が、NHKのドギュメント「デザインウォーズ」に出てきたのには驚いた。

携帯電話は開発競争が激しく短命商品の代表のような商品であるが、そこで長く使ってると出てくる価値を商品開発の基本コンセプトにすえるなんて全く斬新だと思ったのである。

話はこうである。

ソニー・エリクソンはスウェーデンのデザインラボに世界中のデザイナーが十数人集まり、次世代の携帯電話のコンセプトはなにかを議論した。

シンプル、ファン、薄い。。。ありきたりのコンセプトが出た後で、日本人のデザイナーが突然こんなことをいい始めた。

ジーンズは使い古しても高く売れる、新しいものだけが価値があるのでない、私たちは新しいものを追いすぎている、消費者は5感の先で選択するようになっている、愛着を生むようなものができないだろうかと、とうとうと語った。

びっくりしたのはその直後に起こった反応で、話が終わったととたんに、外人のデザイナーが数人異口同音に「Patina!」と発した。

瞬時の反応から、みな同じようなことをうすうす考えていたらしいことがかった。

このプロジェクトはPatinaを基本コンセプトにして開発することに決まったが、プロジェクトの責任者はアメリカ人だったが、京都にきてPatinaの調査をやった。清水寺の音羽の滝で石にはえているコケをさして、Patinaとさけび、加茂川の欄干の銅の覆いについている緑青をさして、これがPatinaだとび、Patinaの具体的な姿がみつかって満足そうな顔をしていた。

京都はPatinaの宝庫で、ここから次世代エレクトロニクス製品の開発のアイディアを探すのは、なるほどもうそんな時代になっているんだと感心したのである。

どんなものになるかわわからないが、まず素材にスティール、ステンレスを使わない、Patinaが実現できる素材を探すようだ。

以上の話、なんだか面白い。
Posted by mics at 09:41 | この記事のURL
英語圏は知の空間で先に行く[2007年07月25日(Wed)]
梅田望夫さんが書いたコラムに、アップルが「iTunes U」というサービスを開始した話が出てきます。

スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学(MIT)など全米の大学の講義が音声とビデオで無料配信するサービスが始まったというのです。

これで全米トップクラスの大学の授業を好きなだけ「iPod」にダウンロードして、いつでもどこでも音楽を聴くように講義を受けることができるのです。

アップルはなかなかやります。

大学の講義をネット上で無償公開するのは、5年前にMITがヒューレット財団などから資金をえてはじめたことで、アップルの試みはこれを大規模化したものです。

グーグルは社内で開く技術講演会や、本の著者を招いての講演会の映像をグーグル・ビデオ上にアップし、広く一般向けに無償公開してるそうです。

英語圏では、大学や図書館などの知の最高峰に位置する人々や組織がネット上に知の空間をつくり公共財産にしている、英語圏に生まれ育つことの優位性が今以上に増幅されてしまうのではないかと梅田さんは心配してます。

なるほど、こんなことになっちゃてるんですね。日本だって電車通勤の途上でiPodで大学の講義や評判の講演を聞くときがすぐに来るんです。
Posted by mics at 08:07 | この記事のURL
収穫逓増のグーグルの利益[2007年07月23日(Mon)]
アメリカの大手IT企業の07年4〜6月期決算が発表になりました。

グーグルの当期利益は28%増の9億2512万ドル、約1130億円、ネット広告収入が好調だったからですが、同業のヤフーの2%減の1億6056万ドル、約195億円と比べると6倍で、同じことをやっていてもこんなに差ができるのはグーグルに収穫逓増原理が働いてるからです。

収穫逓増原理はソフトビジネスで働きますが、ひところその代表例がマイクロソフトでしたが、グーグもそれに仲間入りです。

損益分岐点をすぎて利益が出ても、しばらくすると再びコストが上昇する点をむかえます。売上高が増えすぎると利益が減る産業を収穫逓減といいますが、ほとんどの産業はこれですがソフトビジネスの中にはその反対のところが出てきます。

グーグルはそれで利益は増える一方でしょう。

また利益率もグーグルが当期利益率24%、マイクロストが23%ですからそれに匹敵する高さです。製造業のそれが数%ですからなんという高さでしょう。

当期利益の絶対額はマイクロソフト30億3500万ドル、約3700億円、シティ62億2600万ドル、7500億円に比べるとまだ劣ってますが、これはまだ業歴が浅いせいで、グーグルの決算は新しいソフト企業の威力を証明してます。

収穫逓増企業の点では日本は遅れてますが、早くこんな姿の企業が欲しいものです。
Posted by mics at 13:23 | この記事のURL
20才代のヘッドハント会社[2007年07月20日(Fri)]
この間テレビで20才代のヘッドハンティング会社のドギュメントをやっていた。

ハントされるのはどこかの大企業で稼ぎの大きい人、20代後半から30才代前半の人たちである。

これを探すのは大変だが、新聞、雑誌に登場してる人を探す、コメントやインタビューを読み当たりをつけてデーターベースに登録することからはじめ、友人などの周辺調査をやって確かなものにするのだろう。

クライアントから人材の注文があるとデータベースから探し、密かにあって転職をすすめてクライアントに紹介する。

画面に出てきたのは大手コンサル会社の30才代前半で、コンサルベンチャーへスカウトされる様子が出てきて、年収1600万円+業績給500万円でスカウトされた話があった。高給である。

この会社はすでに年1000人弱をヘッドハントした実績があるらしいが、こんなビジネスがあるなんて知らなかった。

昔は終身雇用の企業文化があった、社員はそれに疑いを持たず、長く勤めてれば給与は上がり地位も上がると信じていたのでこんなことはなかったが、それが様変わりしている。

私が奇妙に思ったのは、若い人の途中採用は、企業が自ら広告を出したり、社員の友人経由で人材を探し、多くの場合転職したいひとから友人である社員経由で人事部に話があり進む。

アメリカでも投資銀行や弁護士事務所では、ハーバード大のロースクールやビジネススクールの同窓生や後輩を縁故で採用することが多く、これがハーバード大学の巣窟になる理由だと読んだことがあるが、若手の採用はどこでもこうなのである。

こういうやり方が自然なやり方で、縁故、友人関係などのコネのない転職なんて無駄な隙間のない家みたいなもので、稼ぎが思ったほどないと簡単に捨てられるのじゃないかと心配になったのである。

就職・転職情報サービスの日経HRはIT技術者が働いてみたい企業の調査をやったが、1位はグーグル、2位はIBM、3位はマイクロソフトだった。

技術を身につける、成長力を買うとなると、ITではこうなりいい人材が日本企業からここへ向かうのは自然な現象だと思うが、似た業界が金融で、ここでも同じようなことが起こっている。

マクロ経済では生産性の低い古い産業から高い産業への労働力の移動はいいことで、政策もそうすべきだというが、若手ヘッドハンティング会社のやってることは、自分の企業に不安を持ち、そうゆう人を見つけて不安をあおって転職をすすめている感じで、健全なものには思えなかった。

自信喪失している大企業がもっとしっかりしてればこんなことにならないのだろうが、なんか企業社会のいやな患部を見た思いで、いやな思いで見ていた。
Posted by mics at 16:05 | この記事のURL
物理学会で20%のルールを適応[2007年07月18日(Wed)]
日本物理学会が若手の研究者に向かって、研究時間の20%を自由に使ってよいという提言をやったそうです。

理由は博士号取得者の就職難、企業は専門性の高さを評価せず、視野が狭い、社会性がないと敬遠してるからです。

例示として素粒子や宇宙論の研究者が金融工学を研究したり、交通渋滞の仕組みを研究することです。

グーグルがこのルールをやって成果を上げているのも理由らしい。

博士課程進学者は2003年度をピークに減少しているので、物理学会は他の学会などにも呼びかけ、「20%ルール」を広めていく。

この話なんだか変、こんなことで就職難がなくなるのか、洋服の上から背中を掻いている感じです。

最近では物理学では自然界の法則を見つけるだけでなく、社会や経済の複雑な構造を研究して、そこで働いている構造を発見することが行われてます。

アメリカの科学ジャーナリスト、マーク・ブキャナン「複雑な世界、単純な法則」(草思社)、アメリカの物理学者アルバート・バラバシ「新ネットワーク考」(NHK出版)を読むとこんなことが書かれてます。

原子だろうと人間だろうと構成要素がなんであろうと、相互作用する多数のモノからなるシステムをネットワークとしてとらえて考えれば、見えなかったものがはっきりと浮かびあがる、そうしたパターンの規則性は、物理、医学、、コンピュター・ネットワーク、社会、経済などの多くの領域で共通したもので、物理学は自己組織化の法則発見に向かっている。コンピューター、細胞などの複雑なネットワークに共通して見られる法則を研究し、つながりの構造を解明するのが最近の物理学だといってます。

グーグルを創業した2人の若者は数学の学位を持ち、コンピュタネットワークでハブの持つ特性と威力をネットワークの検索に応用して成功した、これは基礎研究が偉大な事業をつくったいい例です。

こんなわけで物理学の基礎研究でも社会や経済に役立ちその専門力の持ち主なら博士でも引く手あまたです。

だから20%のルールでなく80%のルールにするのが就職難解消対策です。研究対象を新しい分野に変えるろということです。
Posted by mics at 14:20 | この記事のURL
I am not a Plasitc Bag[2007年07月16日(Mon)]
台風が来るというのに昨日銀座のAnya Hindmarchの直営店で表題のエコバックが発売になるので長蛇の列ができた様子をテレビでやってました。

イギリスの高級バックメーカーですが、スーパーのSainsburysと共同開発したこのバックが3月末に発売になりすぐに売れきれて、
5ポンドのものがネットオークションで10倍以上の値段がついた人気商品です。

それが日本でも発売になったのですが、エコバックに共感したせいか、ネットオークションで高値で売れるので仕入れにきたのきか、異常な人気です。

日本の値段は2100円、高級ブランド品にしては安い感じですが、1ポンド250円ぐらいですので5ポンドは1250円、これに比べると高い。

イギリスのセレブや女優が持ってので人気に火がつき世界的なブームが起こってますが、上手なマーケティングです。

イギリスは2000年ごろにクリエイティブ産業立国を掲げましたが、そうしたトレンドに乗って成功したいい例です。

イギリス人は、資本主義、社会主義、議会制民主主義、国営化と民営化、福祉国家、社会起業家。。。と世界の標準になる制度を発明してきたといばりますが、おおげさに言うとこんな感性から生まれたものなんでしょう。

このくらいのことは日本にだってできそうですが、それができない、世界の標準になるエコバックをつくるぞという思いが欠けてる。

このあたりが日本の壁で突破が難しい、どうしたものでしょうか。
Posted by mics at 10:17 | この記事のURL
インドの成長[2007年07月13日(Fri)]

今日届いた大前研一さんのニュースレターにインドの成長がありました。

別図はインドのIT産業の生産額で2000年代に急成長し06年に396億ドル、GDP比5,7%になってます。

大前さんは、インドは中国と成長のパターンが違い、途上国でIT産業が牽引した経済成長でははじめてのことだといってます。

日本の進出企業は数千人規模、アメリカが数万人なのでまた日本は出遅れたと非難もしてます。

90年代の半ばに経済の長期低迷がはっきりしたときに、脱出策として気鋭の経済学者はIT産業主導の新しい成長を提案したことがありますが、実際は投資効率の悪い公共投資行われ、国は膨大な借金を残しました。

政治家や官僚の創造力欠如のためで、こうした点でも日本の負けです。

だいぶん前に日下公人さんと神戸復興の話をしたことがありました。日下さんは神戸出身で愛着を持ってましたが、話題は神戸復興には被害額と同額の10兆円を投資したが、もっと別の使い道があったのに、おれはそれを提案したのにね、そうしておけば今頃新しい成長をしたです。

このとき、私はとっさにインド工科大学はイギリスやソ連などの援助で設立され、援助国ごとに分校が分かれてる、そこでまだ海外の分校がないので神戸が誘致を提案し、この学校のカリキュラムで人材を育成しIT産業立県をやればよかったんだ、神戸は外人に縁のあるところなんですからといったことがありました。

日下さんはこれに賛成してくれましたが、やってれば今頃神戸の発展は見違えるものだったでしょう。

IT産業主導の経済発展はインドについでつぎはどこかも気になります。新しい発展パターンが生まれたので波及するでしょう。

中国が製造業の次にITをやりそうですが、東欧が向いている、特にハンガリーが適地です。

現在は頭脳輸出でアメリカや西欧に出てますが、あれだけの頭脳がいるんですからインドモデルができる、西欧の製造業の下請け地に現在なってますが、IT産業の方がよっぽど幸せになれるんでは。

インドの成功をみてこんなことをいろいろと考えました。
Posted by mics at 11:18 | この記事のURL
新入社員はネットを十分使ってない?[2007年07月11日(Wed)]
社会経済生産性本部の新人研修に参加した新入社員約3800人にたいし、同本部はネットワークの利用に関するアンケートを行ったところ、「自らブログを書いたり、SNSに参加しているのは59%。男女別では女性が67%で、男性より13ポイント高かった」。

もっと使ってると思っていたのに意外に低い結果である。

このアンケートに対し、携帯電話を見落とした調査だという批判があったが、高校生と中学生ではパソコンよりも携帯優先でコミュニケーションしてるが、この世代でそこまで行っているのかどうか、それよりも生産性本部の研修に参加してるのは大企業の新入社員なので、世間の標準に比べ保守的な人たち、新入社員が企業を保守的と読み、それに沿ってこたえた。。。こんなことが思い浮かんだ。

そんな人材を相変わらず採用してるのか、これではますます時代に後れてしまうと改めに思った。
Posted by mics at 11:28 | この記事のURL
ピクサー・アニメーション[2007年07月09日(Mon)]
ハリウッドでは、映画会社は脚本、監督、俳優など社外の才能を集めて映画をつくってきたが、これは社外の才能を集める最近の傾向の先進モデルと評価されてるが、意外なことにピクサーはハリウッド流の正反対のやりかたで成功した。(ウィリアム・テイラー、ポリー・ラバール「マーベリック・カンパニー」日本経済新聞社)

ピクサーは86年に1000万ドルでスティーブ・ジョブズが買収して経営に乗り出したが、「トイ・ストーリー」のあと「ファインティング・ニモ」「ミスター・インクレディブル」などヒット作を連作し、06年にウォルト・ディズニーが74億ドルで買収してジョブズは大もうけをした。

ピクサーはアートの分野でまるでチームスポーツをやるように才能を連結し、頭脳労働で生産的な協調関係をつくる。

ハリウッドでは自分の取り分をいかに大きくするか、ライバルの裏をいかにかくか、スター扱いすることを要求。。。こういうのがハリウッド流であるが、ピクサーは習慣の反対をいった。

才能ある若者をひきつけるには、ともに仕事をする喜びを与える、学び成長する環境、学ぶ企業文化をつくる、映画技術大学と同レベルの大学教育なみの社内教育をやる、こういうのがピクサーのやり方である。

ジョブズがハリウッドに参入して、ここになかった新しい企業文化を創造したのが企業価値である。社外の才能を社内に取り込み育てるやり方は家具のイケアでもやっており、イケア物語にはこうした社内のデザイナーの活躍が出てくる。

才能をネットを使って社外に求めるオープンソース、アウトソーシングの手法、これはアメリカの大企業で始まってるが、ピクサーのようにその反対でもよい。

かんじんなことは「才能あるスターはばか者のためには働かない」ので、才能が参加するような経営をやっているかどうかが成否を分ける。

若い才能に比べてそうした経営者は少なく、これが企業が創造的になれない理由である。

IBMやP&Gは社外の才能を集めて成果を上げた会社と評価されてるが、その担当役員は若いときから誰かがつくった事業を引き継いだ経験が一度もないような人材で、若いときから新事業を作り続けてきたような経歴である。

こうした経営者はまだ数が少なく、どの会社でも真似ができるようなことではない。

こんなわけで一度創造で先に行った会社は、その比較優位を長く続けることができる。
Posted by mics at 18:09 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml