CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
クールジャパンを超えろ[2006年11月29日(Wed)]
表題は、千住博「ルノワールは無邪気に微笑む」(朝日新書)の小見出しになっている言葉です。著者は、ニューヨーク在住の日本画家で、滝の絵で有名です。

マンガ、アニメ、ゲーム、フィギュアは、新しい輸出品と騒がれてますが、どれもアメリカ文化を日本の”改造工場”で作り直したもので、アメリカ人にはわかりやすいので受け入れられたが、もっと他にあるだろうというのです。

千住さんは、輸出されているプロ野球選手も同じで、WBCの優勝は、クールジャパンの快挙だと言ってます。

なるほどです。ニューヨーク在住の一流アーティストにはそう見えるんだ、はしゃいでいた所に冷水を浴びせ、もっと日本の創造について深く考えろと言われたみたいです。

日本の創造だと思ってましたが、ラジオ、テレビ、ビデオ、自動車と同じ軸にのったもので、新しくなんかないんだ、政府の知財本部で騒いでるのが恥ずかしくなる思いです。

そこで、千住さんは、日本のよいものはクールジャパンだけじゃない、それを考えろといってますが、話はここで終わっており、具体的に何かは指摘してません。

日本画もそうだと言いたかったのでしょう。日本画は、自然を描き、岩絵具を使い、重ね塗(絵具を混ぜない、紫は赤を塗ったあと青を塗って出す)で、ラスコーの洞窟画と同じ描き方で、人類共通の精神を持ってるので世界に通じるものなんですから。

クールジャパンではじゃぐのは終わりにして、次に行かないといけませんね。

ところで、本の題名になっている「ルノワールは無邪気に微笑む」の意味は、ロシア革命、第一次世界大戦など欧州戦乱の真っ暗な時代精神の中で、ルノワールは、ただ無邪気な微笑みだけを描き、平和、平穏こそ大切と発信した精神のことをいっており、だから当代第一の画家だいうのです。これも言われてみればそうだ。
Posted by mics at 08:15 | この記事のURL
カンパン・ブログの活用例[2006年11月27日(Mon)]
カンパン・ブログがこんな風に活用されている事例。

大阪に「社会起業家をめざす若者のためのプラン・コンペティションedge2007」があります。

大学生が社会事業のビジネスプランをつくり競うコンペです。最終審査に進出したのは5事例、うち4事例がカンパン・ブログで日々の活動をブログに書いてます。サイトはここ

・Internashokunal(インターナショクナル)
食の多文化共生にチャレンジ
https://blog.canpan.info/internashoku/

・NPOコミュニティ化構想
IT技術を活かして、NPOの人的リソースの可能性を最大限に伸ばしNPOを応援
https://blog.canpan.info/enzin/

・教育者支援と地域教育を行う教育系NPOの設立
学校の先生を希望し、入学した教育大学、そこで感じた違和感、その状況を変えるべく、教育に熱い学生と現役教員とをつなぎ、子どもたちを本気にさせる本気の教員の輩出・育成・支援に取り組む
https://blog.canpan.info/maypenlife/

・Empwer&Develop Community projec
食を通じてコミュニティの維持・再生・進化と人材育成を目指すプロジェクト
https://blog.canpan.info/edc-project/

11月23日に最終審査会が行われましたが、大賞はなくみんな2位入賞。この事業は、運営経費の一部を「大阪府社会起業家育成支援基盤づくり事業」の助成を受け、edge実行委員会(事務局はコンピュータ専門学校の山口学園が担当)が行ってます。

カンパン・ブログが、うまく活用された好事例です。
Posted by mics at 08:26 | この記事のURL
「甘さや食感がこんなに違うなんて!」[2006年11月24日(Fri)]
ローソンは、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会と提携し、ナチュラル・ローソンの店長など70人を集め、野菜ソムリエ育成講座を始めました。講座が終わると野菜ソムリエの初級レベルの「ジュニアマイスター」が取得できます。

表題は、ピーマンとトマトの食べ比べをした店長たちの感想です。

ナチュラル・ローソンは、顧客へのコンサル付のコンビニを目指してるんでしょうが、コンビニの専門店化の試みとして面白い試みです。ベジフル協会からみると、野菜ソムリエの拡大で、商売上手、さすがと思いました。

この組み合わせは、なるほどという感じで、感心しました。
Posted by mics at 09:25 | この記事のURL
スルー力[2006年11月22日(Wed)]
批判・非難や命令をやり過ごす、無視する力のことです。

梅田望夫さんのブログで、シリコンバレーにいる日本人ITエンジニアの間でこれが話題になっており、この力で問題が解決するとか、これに関するカンファレンスがあるとか、面白いことを書いてます。

ITエンジニアは、仕事に没頭しやすく燃え尽き症候群になるとか、ネットでは匿名性のために非難を受けやすいとか、心がまだ子供で純真、傷つきやすいとか、いろんな事情があるんでしょう。

企業に10年もいれば、この辺りの感が養われて人知れずに、スルー力を活用しているものです。企業の中で生きる知恵みたいなものです。スルー力などと言いませんが、みんな黙ってやっていることです。

それをわざわざ表明してカンファレンスをやるというのは、遊び心なんでしょうか。

日下公人さんは、有名な評論家のためか、あらぬ非難をたびたび受けていた様子です。このためにスルー力を発揮してましたが、ときどきそれでも感に触ることがあるらしく、批判に再批判をやっていたことがありますが、この切れ味がよく、楽しく聞いていたことがあります。

スルーしても批判は心に残ります。それをじっと考え続けると、やはり自分の方が正しいと自信になったり、批判を発酵させてつぎの考えに到達できるとか、いろんんな利点があります。

スルー力を発揮しああとの対処が大切です。そのままだと、ダメ人間にされてしまいますから。
Posted by mics at 10:21 | この記事のURL
特化型SNS(8)こんな特化型SNSもあります[2006年11月20日(Mon)]
千代田SNSちよっピー

区内のイベント紹介、区民が書いたブログ、(財)まちみらい千代田が運営

地域SNSは、特化型SNSの定番のようで、100以上のサイトがあるらしいが、どれもイベント情報告知ぐらいでつまらない。

面白くならないのは、自治体がやっているせいか、地域の中で浮いた若い人がやっているからでしょう。地域の中で、実際に親密な人間関係があればSNSなど必要がなく、地域SNSのコンテンツ設計は難しい。

地域に特化した活動は、大きすぎると人間関係が希薄になるので、大きさが要点だが、顔の見える小学校区が最適という話を当事者から聞いたことがある。

小学校区ぐらいの大きさで、まずリアルな関係があり、これを紙の表とすると、その裏側で地域SNSで補完しるといいのでは。

地域問題は多発しており、それは自治体でも企業でも解決できないので、新しい仕組みが望まれているので、そうしたことで地域SNSは有効な武器になれるんですが。

潜在市場はあるのだから、いいものがきっと登場する。

レストランSNSMy Favorite Places

定番、口コミレストラン情報の共有、おすすめレストラン。これも定番です。

読書SNSたなぞう

アマゾン書評の拡大版みたいなもの、自分の読書データベース。

ワイルドストロベリー

食べ物の新しいライフスタイルのSNSのようですが、もっと広く、女性の新しいライフスタイル全体のブログを狙ってるように見えました。サイトはきれい。

医師SNSメディスタ(メディカル・スタジアム

医療関係者のブログ日記。キャリアブレインが運営、医師、看護師、薬剤師、歯科医師、介護福祉士、MR、治験、ヘルパー、理学療法士、作業療法士などの求人、就職・転職支援をやっている人材会社。
Posted by mics at 17:45 | この記事のURL
特化型SNS(7)イントラSNS[2006年11月17日(Fri)]
社内限りのSNSのことで、現在社内で進行中。

社内の相互意見交換、本社と地方との意見交換、営業担当者と本社の技術担当者がリアルタイムに情報交換できる、面識のない人との議論が可能。。。など、利点が多い。

IDで参加者を限定できるので、社外秘のグループワークに対応できるのが他のツールと違い、知識の共有や創造を促すツールとして使えるのではないかと実験が始まっている。

アメリカでも同様なことはあり、”Enterprise 2.0”と呼ばれて、創発的なソーシャル・ソフトウエア・プラットフォームとして注目されているらしい。

Wikipedia, YouTube, Flickr, MySpace, etc. These are for individuals on the Web, not companies. そこで企業内SNSが開発されてるのだ。

このツールは、企業内だけでなく、親しい企業間や顧客の間で重要なコミュニケーションができるので、市場予測、市場開発、研究開発など、知的分野での応用範囲が広い。

まだ始まったばかりで成果は見えないが、数年もすれば社内SNSが、当たり前のことになるんだろうか。
Posted by mics at 16:54 | この記事のURL
マイスペースの日本進出[2006年11月15日(Wed)]
登録者1億人のSNSの巨人マイスペースが、ソフトバンクと提携して日本へ進出します。

ミクシィに比べ、招待はいらず入りやすかったり、音楽と動画ブログの共有サイトに強く娯楽性が高く、ユーチューブに対抗してビデオブログを始めたり、検索連動型広告でグーグルと提携するなど、機能は多彩です。

さて、成功するのかどうか、この点についてブログで検索し、いろんな意見を読みました。

ブロガーの見方は、「日本の文化風土に合わないのでは」「ミクシィが反撃するのでは」「アメリカは14才で登録できるが、ミクシィーは18才、年令制限はどうなるのか」。。。どれも、黒船上陸、日本壊滅展望はありませんでした。

それだけ日本でもネット社会が定着しており、かんたんにはやられないという自信が読み取れます。

ミクシィーに日本風土が入ってるとは思えないので風土論は関係ない、斬新な機能があるかどうか、こうした点でマイスペースの方が一日の長があり、躍進しそうな感じがしますが。。。

来日したマイスペースの創業者、トム・アンダーソン社長兼共同創業者は、記者会見でミクシィについて、コンテンツは日記など文字が中心、マイスペースは音楽や動画が中心で自己表現の自由度が高くネットワークも全世界に広がっている、とミクシィより速く成長できると自信満々です。

ブログやSNSは、専門店化する方向に進化しており、マイスペースの一社独占になるなんてことはないのでは。日本語の文字サイトはミクシィ、音楽・動画はマイスペースと棲み分けんでしょうか。
Posted by mics at 09:25 | この記事のURL
特化型SNS(6)二つ星の残る3つ[2006年11月13日(Mon)]
★★留学SNS、maimi

・地図から探す留学コミニティ
・留学アルバム
・お役立ち情報ーノウハウ、SOS、食事
・留学先情報
・株式会社パビック・ジャパン(ウェブサイトに関する企画・製作、メディアを使ったセールスプロモーション広告)が運営

いい視点だが、留学生はそんなに多いわけではないので、数が集まらないのでは。

大学や語学校で春休み、夏休みに、1ヶ月ぐらいの体験留学をやっているので、こういうのも対象にすると会員が増えるかも。

★★ロハスSNS、ロハスなライフスタイルを愛する人びと

「気持ちいいから、LOHAS」が標語。
「地球環境のために、○○しなければならない!」と義務的だったのにたいし、ロハスは、自分の感性のまま健康で気持ちよいライフスタイルを実践し、いつのまにか環境などにも意識が行くようになる、そんな柔軟な考えがロハスで、義務ではなく、自発的なライフスタイルを、みんなが、心から納得して実践するから本当のパワーになる、こういう信念でつくられたサイトです。

・ロハスなライフスタイルに関心がある人向け
・1500名突破
・ロハススポットをグーグルマップに表示
・私のロハス日記
・モニター調査
・ホームページリニューアルセンターが運営(社内で更新できるブログホームページの企画・制作、インターネットマーケティング企画・運営)
・教材の販売

機能は典型的なSNSだが仕掛け不足。


★★写真SNSフォトプラザ

写真投稿サイト。
・会員5400人
・今月のおすすめフォト
フォトコンテスト
・投稿写真の販売

アメリカにフリッカー(写真)、ユーチュブ(ビデオ)があり、栄えてるが、その日本版。

先行サイトに比し、独自性をどれだけ付加できるかが勝負です。


Posted by mics at 10:19 | この記事のURL
特化型SNS(5)博士SNS:アカデミックSNS[2006年11月10日(Fri)]
博士課程修了者は、毎年1万4000人いるそうですが、5割度しか就職できない。「視野が狭い」「柔軟性に欠ける」など、企業から敬遠されるからです。

グーグルでは、博士号を取得してないと入りずらいのとはえらい違いです。

これを打開するために、北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大と東工大の工学部が、博士SNSを開設しました。サイトはここです

登録者は自分の研究テーマや論文をサイトに記述、博士のデータベースをつくり、企業の人事担当者も会員になって、ここから人材を捜します。

博士号の求人サイトです。

サイトの運営は「コアリッションセンター機能体」、上記大学が、科学技術創造立国を担う人材育成の拠点としてできた団体らしいが、こんなのがあるなんて知りませんでした。

英語サイトはありませんが、こういうのは英語サイトも丁寧につくり、博士信仰のある欧米から仕事を探すのがいいですね。

就職のためにわらをも掴みたい思いが伝わってきますが、でも、こんなので就職率が上がるのでしょうか。本質は、社会で役立つ人材を養成するではないのか、ちょっとボタンの掛け違いの感もします。

特化型SNSとしては意外な使われ方ですが、灯台下暗しで、このカンパンブログも公益事業に特化したもので、公益SNSの直前ぐらいに位置するサイトで、公益SNSに進化するのは容易です。

このように、特化型SNSは、増えて行く必然性を秘めているのです。
Posted by mics at 09:20 | この記事のURL
特化型SNS(4)二つ星の3つ[2006年11月08日(Wed)]
次が二つ星3サイトです。三ッ星でないのは、いい線突いてますが、サイトの構造にアイディアが欠けており、並みだからです。もっと独特の個性ある枝を加えていけばいいのにと思いました。

★★マンガSNSマンガよもっ!

・マンガできごと、インディーズコミック、マンガ世界についての出来事情報
・4コママンガの投稿
・マンガ情報、雑誌、イベントの告知
・日本マンガ紀行ページで、各地のマンガ美術館やマンガ施設を紹介

マンガオタクは多いのですから、いろいろできる感じがしました。

★★パパとママのSNSMacoron!

子育てコミュニティ、パパとママが参加

・育児中のパパ、ママのブログ日記
・子供アルバムで成長記録
・妊娠、出産、育児体験者のコミュニティ
・スポンサー:アシックス 、日清食品、トイザラス、ミキハウス 、ユニ・チャーム。。。

ブログでも子育てをテーマにしたものは多く、ネットコミュニティの定番です。昔なら親や隣近所でやっていたことを、ネットでやっている時代なっており、ネットの効用がこういう所にあるんだと痛感します。

ここも会員の意見を聞き、どんどん進化して行けるのではないかと思います。

★★ペットSNSPetst、ペットストリート

・自慢、しつけ・訓練・競技、闘病、食事。。。情報
・おしえて掲示板、会員同士のQ&A
・ショピングモール:食事、装飾、おもちゃ、トイレ、書籍。。。

どれも特化型SNSになりやすい分野、分野が定番だけに新聞、雑誌など類似のメディアがたくさんある、コンテンツがありきたりで、あっという驚きがない。これだと在来のメディアに負けてしまう、SNSでなくてはできないコンテンツの開発が必要です。


Posted by mics at 08:26 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml