CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年04月 | Main | 2006年06月 »
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
mixiの笠原社長とはてなの近藤社長[2006年05月10日(Wed)]
週末、テレビを見てましたら、二人が出てました。二人は30才と若く、前者は東大卒、後者は京大卒の起業家として話題になっており、SNSをつくったことでも注目されてます。

笠原さんは、予想外に話しべたで、司会者から質問されても、ほとんど答えることができませんでした。まるで、子供で、おしゃべりサイトをつくったというのに、なんということでしょう。同じITなのに、ホリエモンの対極です。思索家なんでしょうか。

近藤さんは、若いのに大人という感じ、数年前に、ソフト化賞を授与したとき、会食したことがありましたが、このときから、年よりふけた大人に見えましたが、一層、どうどうとしてました。

この二人、ウェブカンパニー2.0をつくった新世代起業家の代表ですが、二人は、全く別種でした。いろんなタイプの起業家が、ウェブ2.0では登場するんでしょう。
Posted by mics at 09:35 | この記事のURL
mixiの笠原社長とはてなの近藤社長[2006年05月10日(Wed)]
週末、テレビを見てましたら、二人が出てました。二人は30才と若く、前者は東大卒、後者は京大卒の起業家として話題になっており、SNSをつくったことでも注目されてます。

笠原さんは、予想外に話しべたで、司会者から質問されても、ほとんど答えることができませんでした。まるで、子供で、おしゃべりサイトをつくったというのに、なんということでしょう。同じITなのに、ホリエモンの対極です。思索家なんでしょうか。

近藤さんは、若いのに大人という感じ、数年前に、ソフト化賞を授与したとき、会食したことがありましたが、このときから、年よりふけた大人に見えましたが、一層、どうどうとしてました。

この二人、ウェブカンパニー2.0をつくった新世代起業家の代表ですが、二人は、全く別種でした。いろんなタイプの起業家が、ウェブ2.0では登場するんでしょう。
Posted by mics at 09:32 | この記事のURL
仏政府がグーグルに対抗[2006年05月08日(Mon)]
シラク仏大統領は、国家プロジェクトとしてインターネットの新検索エンジン「クエロ」の開発を発表したそうだ。

これ、米グーグルに対抗し、文字だけでなく音声や映像の膨大なコンテンツを検索するエンジンを開発する話である。仏トムソン、フランステレコム、ドイツテレコムなど、仏独の企業や国立研究機関が参加する。

グーグル、フランス政府をはしらせるだが、ITでフランスとは珍しい。基盤技術なので、国費を投入してもおかしくないが、企業と政府の戦いで、どちらが勝つのか見ものである。

70年代に日本は、国家プロジェクトで半導体の開発をやり成功したことがあるが、検索エンジンは、ハードの開発でないので、国家プロジェクトだと言っても難しい。こうした開発のバックグランドには、くたばれマイクロソフト、とか、みんなの意見は案外正しい、だとか、アンチ・プロパテントとか、平等主義だとか、強固な信念がなくては、成功しない類の仕事である。こういうのは、国家の仕事には、不向きである。

そんなわけで、私は、グーグルに負けるんだろうと思う。フランスは、昨年人種暴動を押さえるので失敗し、今年雇用法改正で再び失敗した。賢かった官僚が、こんなありさまで、またまた、失敗して恥をかくのでは。
Posted by mics at 08:12 | この記事のURL
NHK番組のネット配信、07年度に全面解禁[2006年05月06日(Sat)]
総務省は、来年度からNHKの55万本の番組のネット配信を全面的に開放するらしい。現在は、年10億円程度まで認められており、この上限を撤廃して実現するが、こんな行政指導があったなんて知らなかった。

これがあったのは、民放が反対してるためだが、民放側を説得するために、チャンネル数を削減し、子会社の整理・統合のリストラも同時に進める。

NHKに迫れれてるのは、放送事業の縮小とネット事業の拡大である。前者はリストラ、後者は創造であるが、創造的破壊の同時進行とは一大事である。

松下電器の中村会長は、今年から、リストラを終わり創造の時代に入ると宣言したが、普通はリストラが先行し、これが終わってから創造を行う。それなのに、同時進行とは容易なことでない。

そんなわけで、経営者と幹部は、これができる人に交代させられるはずで、見ものだ。
Posted by mics at 07:21 | この記事のURL
英BBCがネット事業強化[2006年05月03日(Wed)]
BBCが、ホームページにブログをつくって視聴者が情報発信したり、ネット専用番組をつくるそうです。ホームページを調べたら、まだありませんが、放送局の新しい試みです。

ブロードバンドを使った次世代の放送サービスを創造するのですが、地上波や衛星を使った放送をやってるのですから、ブロードバンドを使ってやっても、「コアコンピタンスが放送」なのですから、正解です。

これ、ヤフーやグーグルと違う新種のポータルサイトで、BBCを利用してる視聴視にとっては、サービスの追加です。公共放送のわりには革新的なので、さすがと感心しました。NHKにもこのくらいの気概があるといいのですが。
Posted by mics at 07:40 | この記事のURL
労働力人口が増加に転じる[2006年05月01日(Mon)]
労働力人口が減って行くが常識の時代に、2005年度から増加に転じた。(nikkei.com

生産年令人口(15〜64才)が、少子化でマイナスになったのが96年度で、この影響で、98年度から労働力人口の伸びはマイナスに転じたが、それが2005年度から8年ぶりプラスに反転した。

理由は、女性と高齢者の労働力人口が、2002年度から3年間で、それぞれ22万人、39万人も増えたからである。

若年人口が減った反動で、女性と高齢者雇用が増えるのは予想されたことであったが、まだ不況だった2002年度から、企業が労働不足に対応を始めていた点が大切で、企業の柔軟性は、まだ残っていたのである。

このトレンドは、女性と高齢者の労働力が枯渇するまで続くトレンドだと思う。くわえて、自治体のリストラが始まってるので、ここからも余剰労働力がうまれ、低生産性部門から高生産性部門への労働力移転が進む。

以上、日本経済の大変重要な変化である。
Posted by mics at 08:42 | この記事のURL
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml