CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2008年07月 | Main | 2008年09月 »
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
日陰仕事[2008年08月06日(Wed)]
害虫駆除、葬儀会社、刑務所の看守、ストリップダンサー、妊娠中絶クリニックなどのことで、アリゾナ州立大学教授がこの業界を調べ、社員がやる気を出し、誇りを持たせるにはどうしたらいいかを調べた結果がハーバード・ビジネス・レビューに出ていた。

それによるとコツは、
1,イメージアップにつながる価値観や理念を打ち出し定着させること、専門知識の価値を訴えるようなこと
2,業界団体をつくり仲間を増やすこと、仲間内で悩みを共有する
3、顧客や世間と向き合うやり方についてトレーニングする
4,不愉快なあつれきを避ける術を身につけさせる、例えば業界用語を避けて世間の人が納得する言葉を身につける
5,食堂やラウンジなどくつろげる空間をつくり、社員が息抜きをし自分を取り戻せるようにする
6,三交代制にする

どれも決定打というほどのものではないが、このあたりからはじめることを提唱している。


日陰仕事の烙印を押されても子供にやられたくないのは2割にすぎず、専門職だというプライドは高い。だからイメージアップ作戦がいる。

こういう話題を大学で研究し、ハーバード大学の雑誌に出たのが面白いことで、経営学の課題としては新しいことだと思った。
Posted by mics at 21:26 | この記事のURL
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml