CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年09月 | Main | 2007年11月 »
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
成熟市場でかった ?[2007年10月29日(Mon)]
外食産業は成熟産業だというのが定評ですが、そうでなかった話。

USAツデーがアメリカで1000店のレストランチェーンが猛スピードで成長している話を紹介してます。

1000店の大台に乗せたチェーン
・イタリアン・ファストフードのスバロ
・ピザのパパ・マーフィーズ
・中華のパンダ・エキスプレス
・手羽肉料理のウイングストリート

1000店に達するのにマクドナルドは20年、スターバックスは25年だったのに、ウイングストリートはわずか4年、パンダ・エキスプレスは24年と加速してます。

専門家は1000店は業界のエリート・クラス、浮き沈みが激しいレストラン業界において予想を上回る速さだと予想外のことに驚いているという。

日本では考えられない事態で、外食産業は成熟したようにみえてもほんとはそうじゃなかったのです。

こうした創業者はIT産業や金融業(ヘッジファンドなどの資金運用)の創業者とともにニューリッチのリストに入ってるのを不思議に思ったことがありましたが、外食産業はまだ成長産業でいるのでリストに入るのは納得です。

アメリカ特有のことなのか、それとも日本にもタイムラッグをともなって起こることなのか、日本でも起こることだという感じがします。
Posted by mics at 08:52 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml