CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年09月 | Main | 2007年11月 »
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
自治体によせられた騒音苦情[2007年10月26日(Fri)]
読売新聞が県庁所在地の市、政令市、東京23区の計73自治体に対して騒音苦情の訴えがどのくらいあるか調査をした。

結果は48自治体で何らかの苦情が寄せられており、例えばこんな苦情である。
・東京都北区の小学校で今年7月、ブラスバンドや合唱など、日ごろの練習成果を発表する音楽会が行われた。会場の体育館には冷房がないため、窓を開け放っていたところ、体育館裏に住む人から苦情の電話があり、窓を閉めて続行した。(→自治体がとった対策は事前に音楽会開催を知らせて我慢してもらう)

・松山市の中学校には2、3年前、「野球部員の声やボールを打つ音がうるさい」と苦情が寄せられた。(→声だし練習をやめた)

・東京都練馬区ではこの1年間に、住宅地にある児童館2か所について、「子供の声が響いてうるさい」という苦情があった。(→声を出さないように子どもを指導)

こんな調子である。昔なら地域の人は寛容に騒音被害と騒がなかったことが、今はもうそうでない。

読売新聞はただ事実を伝えてるだけで、それでどうしろと提案はしていないが、これを読んでもう寛容の精神で大目にみるですませることではない、自治体の積極的な対応が必要と思った。

私の住んでいる国立で駅前の桜並木(東京で有名な桜の名所)横に十数階の高層マンションが建った。付近の住民は眺望権を侵害されたと訴訟を起こし(被告はマンション建設を止めなかった国立市とマンション会社)、地裁では7階以上カット(桜並木を越えたフロア)せよと驚くべき判決がでて有名な環境訴訟事件になった。

この裁判は最高裁まで行き、ここで環境権の中に眺望権はあり住民の訴えを認める判決が出た。

この裁判は眺望権を初めて認めた画期的な判決だと評価されている。

実際の解決策は市とマンション会社が周辺の環境整備に数千万円のカネをかけることで住民に納得してもらう和解的な解決策で決着し、マンションへの入居が進んでいる。

このように現在では環境権は認められる時代になっており、我慢せよではすまない。

騒音についても同じで、東京都西東京市にある公園の噴水で遊ぶ子供の声を東京地裁八王子支部が騒音と認定し、市が噴水を止めたことがある。解決策は噴水のまわりを新幹線にある防音壁のようなものをつけて遊び声が周辺まで届かないようにすることなのか。

一日中家にいると、新聞配達と郵便配達のオートバイの騒音、宅急便のディーゼルエンジンの騒音の三種をうるさいと感じる。電気エンジンのオートバイにしてくれとか、宅急便なら小型バンで配達して欲しいと痛感する。

こういうのも騒音権に関する思いである。

騒音を廃し静寂な環境を望むトレンドはますます大きくなって行くだろう。

そうなるとここへの投資が増える。例えば防音投資、学校の体育館が騒音源なら防音で冷房装置付にしたり、グランドには防音壁が設けられるというぐあいである。

騒音防止の研究開発投資や実際の設備投資が増えてくるなんて予想外のことであるが、そんな時代になってしまったのだと思う。
Posted by mics at 20:14 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml