CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年09月 | Main | 2007年11月 »
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
RCA、Zenithブランドが復活 ?[2007年10月12日(Fri)]
アメリカで昔のテレビブランドが復活する話しをウォールストリートジャーナルが書いている。

09年からデジタルに完全移行するので6900万台以上のアナログテレビが使えなくなる。そこでアナログをデジタルに変換できるコンバータをつけるが、そのための政府予算は15億ドルで、コンバータ一台の価格50〜70ドルのうち40ドルをクーポンで補助する。

政府は第一段階として2250万枚のクーポンを発行し、後から1125万枚を追加発行予定、メディア・技術コンサルタントは「市場規模が相当大きいため、非常にいい思いをするところが出てくる」と指摘する。

これを狙っているのが韓国のLG ElectronicsやフランスのThomsonで、昔懐かしいテレビのブランドであるZenithとRCAの採用を決めた。LGは10年近く前にZenithを買収しているのでブランド名が使える。

テレビの古いブランドだといってもテレビでなくコンバータのブランド名であるが日本の新聞はこんなことを伝えない。アメリカで08年にそんな新しい市場が登場することは知らなかったが、日本だって遅れて同じことをやるので日本企業も参入してもよさそうなもの、日本でも韓国ブランドが入ってくることになるのだろうか。

大手メーカーはコンバータでなくデジタルテレビを売るこんたんだろうが、中小企業でやってもよさそうなものである。やっているところがあるのかしら。
Posted by mics at 17:17 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml