CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2007年06月 | Main | 2007年08月 »
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
iphone[2007年07月02日(Mon)]
アメリカで発売されて大騒ぎの様子がテレビニュースで報道されましたが、まるで任天堂のゲーム機が発売されたときのようで、ipodのブランドにひきつけられた熱狂で、ipodという元本につけられた高利の利息という感じでした。

テレビ画面で買って大喜びしてるのが中高年で若年者がいないのが不思議でしたが、しらべてみると本体と2年間の通信サービス契約料金で1400ドルと高く、若者にはとても無理な金額だったからです。

アメリカでは携帯電話は業務用が中心でしたが、最近は個人用途が増えてきており、個人用途拡大期のはじめの時期に焦点をあてて発売したのは当たりです。

今年の1月にiphoneが発表されて半年後の発売ですが、この間アップルの株価は3割上がり、年末までまた3割も上がるとアナリストは予想しており、発売のためのマーケティング戦略は大成功です。アップルは商売じょうずです。

ただ通信速度は遅く、高機能のライバルの携帯電話に比し競争できるのかどうか疑問が出されてます。

試用テスト記を読むと、まあまあの機能で使い勝手も悪くないというものですが、突出したところがなく並みのものという評価です。

ipodほどの衝撃性はなく、ipodファッションに乗った騒ぎです。

日本では携帯電話の個人用途が圧倒的に進んでますので、ファッション性では大騒ぎになるでしょうが、アメリカほど売れるのかどうか、通信規格が違うためにすぐにというわけにはいきませんが、案外だめだったなんてことになる感じがします。
Posted by mics at 08:23 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml