CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年12月 | Main | 2007年02月 »
<< 2007年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
アジア証券市場の時価総額がニューヨークを抜く[2007年01月26日(Fri)]
国際取引所連合によると、アジアの17証取の時価総額は06年12月末15兆7333億ドルで、ニューヨーク証取の15兆4212億ドルを超えたそうだ。アジアの伸びは前年比23%増、ニューヨークの16%増を上回り、上海が3.2倍、香港63%増、インド49%増、日本は3%増だった。

欧米の機関投資家がアジアへの投資を拡大してるからだが、画期的な出来事である。90年代の半ばにもアジアへの投資が増えたことがあったが、このときは短期投資を不動産などのバブル投資に使い、投機経済が起おこり破綻し幕が下りた。こんどは工業などへの実物投資なので永続するだろう。

日本もアジアの一員で、日本への投資が期待されるが、こんな低い伸びでは素通りし、仲間はずれになってしまう。日本は投資受入国でなく、欧米と同じ立場の投資国として「心」を入れ替えることが必要ではないのか。

アジアの一員だが、立場は欧米並み、アジアのために市場を提供し、アジアへ投資するのはパラダイムチェンジで大変なことだが、そうなって行くのだと思う。
Posted by mics at 09:06 | この記事のURL
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml