CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
特化型SNS(5)博士SNS:アカデミックSNS[2006年11月10日(Fri)]
博士課程修了者は、毎年1万4000人いるそうですが、5割度しか就職できない。「視野が狭い」「柔軟性に欠ける」など、企業から敬遠されるからです。

グーグルでは、博士号を取得してないと入りずらいのとはえらい違いです。

これを打開するために、北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大と東工大の工学部が、博士SNSを開設しました。サイトはここです

登録者は自分の研究テーマや論文をサイトに記述、博士のデータベースをつくり、企業の人事担当者も会員になって、ここから人材を捜します。

博士号の求人サイトです。

サイトの運営は「コアリッションセンター機能体」、上記大学が、科学技術創造立国を担う人材育成の拠点としてできた団体らしいが、こんなのがあるなんて知りませんでした。

英語サイトはありませんが、こういうのは英語サイトも丁寧につくり、博士信仰のある欧米から仕事を探すのがいいですね。

就職のためにわらをも掴みたい思いが伝わってきますが、でも、こんなので就職率が上がるのでしょうか。本質は、社会で役立つ人材を養成するではないのか、ちょっとボタンの掛け違いの感もします。

特化型SNSとしては意外な使われ方ですが、灯台下暗しで、このカンパンブログも公益事業に特化したもので、公益SNSの直前ぐらいに位置するサイトで、公益SNSに進化するのは容易です。

このように、特化型SNSは、増えて行く必然性を秘めているのです。
Posted by mics at 09:20 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml