CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
特化型SNS(2)会員数が少ないので、広告だけでは採算に乗らない?[2006年11月02日(Thu)]
mixiのコミュティ数は100万を越えたと話題ですが、そうなると100万の特化型SNSができてもよさそう、これはおおげさにしても、数十万の特化型SNSが潜在してると考えられます。

mixiのコミュニティに入っても、初めは面白くとも、すぐに飽きてしまいアクティブユーザーとしては続きません。私もそうでした。

そこで特化型へ移行となるんですが、すでにmixiで関心のある集団ができてるんですから、その人々が特化型へ移行すれば特化型SNSの初期の登録者を集めるのは、容易なんじゃないでしょうか。

「すでに畑は耕されている」、特化型SNSのスタートにとって有利な事態です。

ところが特化型は会員数が限定されるので、広告収入だけでは採算に乗らないという説があります。ポータル型のSNSに比べ特化型は登録者数が、数十分の一と少なくなるので、広告収入だけでは採算に乗らないというのですが、これが業界の定説のようです。

この説を聞いたとき、なんだかへんだと直感しました。

まず、特化型は集まる人の関心度合いが高い人々で、登録者のうちアクティブユーザーの割合が高くなると想像できます。特化型SNSの運営者の話を聞いたり、いろんなブログを読んでみますと、アクティブユーザーはポータル型で5〜10%ぐらい、特化型では20〜30%ぐらいの感じで、50%といっている人もいるぐらいで、アクティブユーザーの割合は何倍も高くなるようです。

その分、広告効果も何倍も高くなります。

さらに、広告収入+αを考えよとなりますが、αは考えやすい。ECwith特化型SNSですね。αはショピングサイトだったり、予約サイトだったり、マーケティング調査の手数料収入だったりと、いろいろ考えられます。そこは特化した分野にピッタリのαにすればよく、そんなに難しいことではないでしょう。ここは面白く考えがいのあることです。特化型は一層ビジネス向きです。

会員数が少なくなるので、広告だけでは採算に乗らない説は、ポータル型と特化型の会員を同質に考えた結果導かれる結論ですが、同質ではなく、もっとテーマにアグレッシブな会員だと考え直せば、定説は間違ってることになります。

現在、特化型SNSを運営してる人は、関心の高いユーザー層、何かに飢えている人ですが、これを相手に、さてどんなビジネスを設計しようかとアイディアをこらしてるのだと思います。

まだ成功したベストプラクティスはあいませんが、遠からず出てくるでしょう。
Posted by mics at 09:36 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml