CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年06月 | Main | 2006年08月 »
<< 2006年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ヤフー、06年4〜6月期決算[2006年07月26日(Wed)]
売上高は前年同期比26・7%増の492億円、税引き後利益も28・1%増の132億円となった。「ヤフー・ショッピング」の店舗数が前年同期の1・9倍の1万1280店舗に急増してテナント収入などが増えたことと、「ヤフー・オークション」の店舗数も2倍の1万9676店舗に伸び、増収、増益となった。

出店数が、年に2倍も伸びているのは、普及のS字カーブのほぼ垂直に立ち上がる時期にあたってる急成長期のためで、普及率から見て、まだ当分そうなのだろうと思う。

際立ってるのが、利益率の高さで、税引き後利益率は27%で、小売業のそれの10倍もの大きさである。

同じことをやってながら、こんなに差ができるのは、ネットでは、経済学でいう収穫逓増現象が起こっているからである。

この反対が収穫逓減だが、製造業では売上げが増えると、費用はそれ以上増えるポイントをむかえ、そこから利益が逓減するが、ソフトビジネスとネットビジネスでは、これが起こらない。

80年代に予測されていたことだが、それが日本でも当たり前に起こる時代になっている。同じように見える小売業でも、見えない所で、働いている原理が違うと思うこと大切である。

そうした点で、ネット販売は、小売業の代替現象ではなく、新産業である。
Posted by mics at 09:37 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml