CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年06月 | Main | 2006年08月 »
<< 2006年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
YouTubeの著作権問題[2006年07月17日(Mon)]
YouTubeでは、これが大問題で、著作権問題を気にすると、こんなビジネスモデルはできません。

でも、やってしまった。クレームがくると、そのつど消してますが、6月末に画期的なことが起こりました。NBCはこの会社と提携し、秋の番組のプロモーション映像を配信する。

「けしからん、消せ」の反対の現象が起こったのです。WINーWIN関係の構築です。こうした提携は、収入の一部になるんですから、事業としてもついてきた。使い勝手がいいから、「消せ」でなく、「一緒に手を結びましょう」となった。アップルの音楽配信モデルでも同じことがあった。

著作権の知識があると、こんなことはできない。YouTubeの創業者は、パーティに出席できない人に、ビデオを見せたいために、このソフトを開発したらしいが、そのとき、著作権問題など、頭になかったのでしょう。欠席した人に、パーティの楽しい雰囲気を伝えたいだけだったのです。動機は純粋で素直な気持ちで自然です。始めるにあたり、ごちゃごちゃ考えなかったのが、偉い。

知識が、創造を邪魔する好例です。過去の因習を無視して、先に進んで大成功した話は、歴史にはたくさんあります。知識病は、ほんとの病気より怖い頭の病です。大分前ですが、日下公人さんが、老子と道元が、似たことを言ってるらしいよときたので、調べたら、確かにあり、その条項を発見し、日下さんに教えてあげたことがありました。昔から、頭の病気があったのですね。人間の頭はそうなりやすいのだ。だから、わざわざ戒めて、自然な心にかえれと教えたのです。

社会に役立つよいことをやってると、追い風が吹いて来ると信じるのが大切です。一時代をつくった事業は、みなこれです。
Posted by mics at 09:04 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml