CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年04月 | Main | 2006年06月 »
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
労働力人口が増加に転じる[2006年05月01日(Mon)]
労働力人口が減って行くが常識の時代に、2005年度から増加に転じた。(nikkei.com

生産年令人口(15〜64才)が、少子化でマイナスになったのが96年度で、この影響で、98年度から労働力人口の伸びはマイナスに転じたが、それが2005年度から8年ぶりプラスに反転した。

理由は、女性と高齢者の労働力人口が、2002年度から3年間で、それぞれ22万人、39万人も増えたからである。

若年人口が減った反動で、女性と高齢者雇用が増えるのは予想されたことであったが、まだ不況だった2002年度から、企業が労働不足に対応を始めていた点が大切で、企業の柔軟性は、まだ残っていたのである。

このトレンドは、女性と高齢者の労働力が枯渇するまで続くトレンドだと思う。くわえて、自治体のリストラが始まってるので、ここからも余剰労働力がうまれ、低生産性部門から高生産性部門への労働力移転が進む。

以上、日本経済の大変重要な変化である。
Posted by mics at 08:42 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml