CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年03月 | Main | 2006年05月 »
<< 2006年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
国家の品格[2006年04月14日(Fri)]
フジテレビの夜10時の番組「人物ライブ」で、ベストセラー「国家の品格」を取りあげ、「品格のないものは何か」の1600人アンケートをやっていた。

品格のないもののランクは、
1位、公の場で子供がさわいでも、親はしらん顔してる
2位、幼児への犯罪の増加
3位、電車内での化粧と飲食
4位、耐震偽装問題のような仕事のモラルの低下
5位、地べたに座る
以降、「政治家に重みがなくなった」「性体験を話す」「匿名批評」「歩きタバコ」「お金がすべて」と続く。

著者の藤原さんが、本でいっている品格とは、明治時代に日本に来た欧米人が、訪問記を残しているが、どれにも、日本人は、貧しくとも品格があると感動した話が出てくる、品格とはこれで、倫理や教養の高さから臭ってくる気品のことや、旧制高校では、倫理や教養を教え、エリートを養成し、政治家、官僚、企業経営者になったので、日本は品格のある社会だったというようなことである。

これに比し、アンケートで上位にきたのは、退廃した社会現象で、すれちがってるが、品格がないことを聞かれ、すぐに思い出したのがこれで、確かに、これも社会の問題である。

アメリカでは、ハリウッドの映画が、国民運動を起こす力があると信じられており、国民運動を起こすときの起爆剤に使っている。現在は、イラク戦争の反戦運動がテーマだが、日本でも、テレビで国民運動を起こせばよく、マスメディアは、アメリカのハリウッドの映画のような役割を担う時代になってきたのかなと思ったのである。
Posted by mics at 08:25 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml