CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年02月 | Main | 2006年04月 »
<< 2006年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
マイクロソフトは、どこへ行く[2006年03月16日(Thu)]
タイム電子版3月13日号に、ビル・ゲーツのインタビューがのっており、「未来 ? 人々は、ビル・ゲーツがビッグアイディアをかかげて、どこへ向かうのか知りたがっている」が題名です。

ゲーツは、「マイクロソフトには、アイディアのある人がわんさとおり(There are tons of great people here)、私は、半年毎に仕事を離れて1週間こもり、提案されたアイディアを読む」といってます。

こんなライフスタイルをやってるのかと驚きました。

マイクロソフトは、世界の大企業の中で、最も研究開発にフォーカスした企業なので、大きくなっても革新は起こせると自信満々で、ライバルは、グーグルとアップル(Ipodの成功)で、まかずぞと決意を示してます。この2社がライバルと考えてるのが面白い点です。

ゲーツのやりたいことは、ウィンドウズをPCだけでなく、携帯電話、TV、自動車などに広げ、それを横に結びつけたい、それが「The Tablet PC 」(プレステーション3のようなものをイメージしてるらしい)だといってますが、なんとなく解りますが、ほんとはよく解らない。

次の戦略は、明かせないのか、それとも、ターゲットは、まだ明確になっていないのか。

競争相手が、グーグルとかアップルとか予想外なものになり、しかもネットワークが、とんでもなく広がり始めたので、ゲーツの狙う的が、本人にもわからなくなってるんだ、が読んだ感想でした。

情報化社会の進展は、ゲーツの想像を飛び越えてしまってるんでしょう。
Posted by mics at 08:39 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml