CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 2006年02月 | Main | 2006年04月 »
<< 2006年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
Omotesando Hills はウサギ小屋[2006年03月08日(Wed)]
行って来ました。まず3階(最上階)へ上がり、ゆるい坂をグルグル回って下の階へ移動しながら、レストランやお店をみてきました。

真ん中の吹き抜けの空間がすばらしく、回遊型なのも斬新です。

回遊の廊下の片側(反対側が空間)に店や飲食店が並んでますが、「あぁ、ウサギ小屋だ」が実感です。

昔、ECから日本の住宅は、ウサギ小屋だと非難されたことがありました。これ、多賀敏行「エコノミック・アニマルは誉め言葉だった」(新潮新書)によると、フランス語では、画一的な狭いアパルトマンの多くから成る建物のことで、誉め言葉でも、揶揄する言葉でもないのですが、共同通信ブリュセル支局のフランス人秘書が、ECの報告書を英訳するとき、英語でrabbit hutches(ウサギ小屋) と誤訳したのが騒ぎの発端で、council houses(市営住宅のこと) と英訳してれば問題にならなかったと書いてます。多賀さんは、外交官です。

高層に積み上がった小さな部屋の集合体を、すなおに写生するように表現したのがウサギ小屋ですが、それだと思いました。どの店も間口が狭く奥行きがなく、観光地のみやげ物屋さんの感じ、そこにブランド品が並んでるんですから、ウィンドウ・ショッピングには、最適です。

それで商売になるの、とかよけいなことを考えずに、ただ見て楽しめばいい所です。
Posted by mics at 08:21 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml