CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
Main | 2006年02月 »
<< 2006年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ライブドアはどうなるのか[2006年01月24日(Tue)]
投資家が買収する、経営者交代、解体、社名が変わる、倒産。。。誰もが考ええるシナリオです。

ライブドアのホームページには、昨日まで乙部さんのコーナーがあり、なぜきれいなのかの理由を述べてました。黒酢の錠剤を飲んでるからが答えで、この商品の宣伝でしたが、今日は削除されてました。早い逮捕は想定外だったんでしょう。

ところで、ライブドア社長日記には、6116ものコメントがついており、画像がそれです。300まで読みましたが、TVのコメントなんかよりずっと面白い。

「敵も多いが、味方も多い」「100%白ではないが、黒でもない」と堀江さんを激励したものが結構あります。また、マスコミ批判が多く、特に、テレビ朝日のサンデープロジェクトに対する攻撃が激しく、テレ朝、あんなことやって損してます。

インターネットは便所の落書きだ、は昔言われたことですが、このコメント、落書き以上のコミュニティの会話です。

企業は不祥事を起こすと、一気に消費者が離れます。牛乳なら、雪印から明治にすぐに変われるために、雪印は一夜にして顧客をなくしました。これが、消費財の場合ですが、ネットビジネスはちょっと違う。

ライブドアサイトへのアクセスは、事件以後上昇しており、楽天を抜きました。株価は下がったが、アクセスは上昇してるのです。アクセスが上がれば広告価値も増します。広告主が離れるは間違い。

ライブドアの広報は、「月に1400万人もの人が訪れているポータルサイトなので大丈夫」と新聞に出てました。これは、案外大事なことです。

ライブドアのblogには、100万人のユーザーがいるそうですが、「もういやだ。他に変わる」と思っても、設定のやりなおしが大変です。過去にupした数百のコラムを他に移すなんて、すぐにはできません。
ライブドアデパートの出店をやめて、楽天に移し変えるといってもめんどうです。

ここがツボで、「ネットの固定客はすぐには消え去ることができない」です。ネットビジネスの特色で、新しい事態です。

早いうちなら、顧客はまだ残ってるんですから、再スタートできそうに思えます。企業文化や企業倫理をつくりなおすのは大変ですが、やりようです。
ソロモン・ブラザーズは、91年に国債不正入札事件を起こし、信用を失墜しましたが、企業文化を変えて2年で立て直りました。尋常じゃないやり方をやってですが。

大きなネットビジネスで初めての事態で興味深い。再建は細い道ですが、できなくもない。
Posted by mics at 10:20 | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml