CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 英・ブラウン蔵相のブレーン | Main | マイクロソフト、英ゲームソフトメーカー、ライオンヘッド買収 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
第三のシリコンバレー、ファイファ[2006年04月10日(Mon)]
イスラエルのファイファから、東京にいる若い知り合いからメールが来た。なぜファイファから ? プライスウォーターハウス・クーパーズが主催して、ファイファでベンチャー・キャピタルが集まって、イスラエルのベンチャーへの投資セミナーをやっており、それに出席しているが、それはすごいものだと興奮が書いてあった。

イスラエルの科学者や技術者の創造力とイノベーション力は、世に知られており、ベンチャー・キャピタルには、ベイエリアのシリコンバレー、ニューイングランド(ボストン)に次ぎ、ファイファは、三番目の投資先だという。ナスダックに上場しているアメリカ以外の企業数では、イスラエルが最大である。

そんなわけで、会計・コンサル事務所が、4月の第一週にファイファでイノベーション・セミナーを開催し、120社がプレゼンテーションして投資を勧誘した。対象分野は、Distributed Computing, Nano Electronics, Cell and Gene Therapy 。

この種の集まりは、初めてで、世界中から投資家が集まっているらしい。若い彼も東京で投資会社に勤めており、それでわざわざファイファまで出かけたのだろう。

イスラエルに有望なベンチャーがあるのは知っていたが、ハイファでこんな集会があったなど驚きである。東京からは縁の遠い話だが、世界のクリエイティブ産業では、こんなことが起こっているんですね。
Posted by mics at 08:58 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/60
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml