CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 放送と通信の融合 | Main | ネットで音楽番組 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
BBCのネット放送[2006年03月24日(Fri)]
BBC.comを見ていたら、ニュースをネットで33カ国へ流してるページがありました。英語でなく、それぞれの地域の言語です。NHKでも同様なことをやってるかどうか調べましたが、Podcastingのページがあり、21カ国へ向けてます。

無料の音声ブログサービスがある時代なので、ネットラジオ放送は、カネがかからない時代になっており、いくらでも増やせます。

小泉首相は、NHKに国際放送を増やせとせまり、費用を税金にするか、徴収料にするかなど、議論が始まってますが、そんな大上段な議論をやっているうちに、多言語ニュースを倍増し、40〜50カ国へ放送するようなことを、すぐにでもやっちゃえばいいんです。

今のネット放送は、各国の標準語で、加えて、北朝鮮語(標準語と関西弁ぐらいの違いらしい)、広東語、台湾語、インドだって多言語なので、いくらでも増やせるでしょう。

標準語でない点、NHKはひっかかるでしょうが、日本のことを伝えるのが本旨なので、ほうげんだってかまわない。

放送が通信に出る話ですが、すぐにできるアイディアを、どんどん実行すれば、その先で、また先に行けて、自然に融合して行きます。
Posted by mics at 08:08 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/53
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml