CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« NBCが、ivillage を買収 | Main | 大学生協が、就職人気 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
LOHAS批判[2006年03月12日(Sun)]
デジタル雑誌月刊チャージャー2月号が、LOHAS批判をしている。LOHASという質素なライフスタイルを提案してるわりには、実際にやってみると、カネがかかる生活だというのだ。
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability

私、このセンセプトを広めたのは、コロラドにある小売業のガイアム社で、巧みな戦略のおかげで、ガイアム社は成功したのだと思っている。ガイアム社のヨガマットでヨガをやるのがクールなんだが、マットがなくともヨガはできるんですが。

有機野菜を使った惣菜も同じで、値段が高い。シンプルな生活、健康によい生活の提案は、逆にカネがかかるのが変なところです。

LOHAS批判は、闇夜に後ろからガイアムに切りかかるようなものだが、こうしたマーケティング戦略とは別に、ほんとに質素な生活をめざしている人々が、増えてきたのも事実で、こうした人々とのボタンのかけ違いが起こり、批判されてしまう。

自動車でなく電車や自転車やウォーキング、ダイエット食品でなく、食べる量を減らしたり禁煙、ブランド品でなく普通の商品。。。これがほんとの質素な生活である。

生活習慣を変えるために、実現には時間がかかるが、向かってる方向はこれである、

反大量消費文化なのだが、思想性が強いだけに、人々の心をつかまえ、消費者が、資本主義経済を変えてしまうほどのエネルギーを持っている。
Posted by mics at 09:28 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/48
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml