CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« Omotesando Hills はウサギ小屋 | Main | LOHAS批判 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
NBCが、ivillage を買収[2006年03月10日(Fri)]

NBCユニバーサルは、ivillageを買収するが、この出来事は、これから日本で起こることを暗示している。

village inc は、「 a leading women's media company and the number one women's community online 」といわれる女性向けサイトで、18才から29才を対象に、健康、良質な生活、エンターテイメント、ビューティ& スタイルのコンテンツを制作、95年に設立され、年1400万人以上が閲覧している。2005年の売上高は91百万ドルで前年比36%増、純益は950万ドル、前年比4倍。ナスダックへ上場。

この買収は、JPモルガンが斡旋し、買収額は6億ドルである。

この話のツボは二つで、テレビのネット化戦略と、同様なことが、日本でも起こるかどうかである。

テレビとネットの融合では、日本では、反対にネット会社がテレビへ投資する動きばかりでうまくいってないが、融合とは、テレビ→ネットの流れではないかと思わせる。

NBCは、テレビドラマをネットでも流し、これを呼び水にして、女性視聴者をネットからテレビへ誘導し増やすことと、ネットに流れた広告主を追いかけたり、テレビ広告主をネットへ誘導するのが狙い。

これなら融合が、起こりそうな感じがする。

700億円の買収額は、売上高の約7倍であるが、3〜4倍でも高いといわれるM&A業界の常識からみて、異常に高い。NBCは、GEが8割の株を持つが、高額な買収には、GEの積極的なネット化戦略があったのだろうと思う。

ivillage のことは知らなかったが、サイトを詳しく読むと、日本にある同類のサイトに比べ、ニュース性が強く、例えば、アカデミー賞の翌日にはその豊富なコンテンツが載っているというように、読み物のページが多く、雑誌が新聞になったようなもので、ていねいにつくられている感じがした。

昨年は、ニューヨーク・タイムズが、総合情報サイト「アバウトコム」を4億ドルで買収したが、こんな流れを見ると、オールドメディアが、ウェブサイトを買収する時代に入ったのだと思う。


日本には、まだないことだが、こうしたことに刺激され、起こりそうな予感がする。日本にだって、ivillageに似たウェブサイトがたくさんあり、買収されてもよさそうだ。

そうなると、若い世代から数十億円の金持ちが現れ、今度は、堀江さんに代わり、スターは、彼とか彼女たちになる。知っている○○さん、△△さん。。。などが、長者になるのかと考えるだけで楽しい。こういうことが社会を刺激し、ネット化社会へ向かう速度を一層加速するのではないか。
Posted by mics at 11:16 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/47
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml