CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 行政の新ソフトウェア ー 予防行政 | Main | 日陰仕事 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
新検索エンジン Cuil(クール)[2008年08月04日(Mon)]
7月末に発表されたグーグルの元社員がつくった新しい検索エンジンの名前で、アイルランド語で知識の意味。グーグルのリンク分析ではなく、Webページの内容の分析に基づいて検索順位を決めるのが特色である。

試しに「japan」で検索すると、10項目ぐらいのインデックスが出てきて、Japanes Carを選ぶと、それについての検索結果が表示されて、右上欄には日本の自動車メーカー一覧が表記され、そこから会社情報へ入れる。

検索したサイトの説明がグーグルよりも長く書かれており、サイトの内容がよくわかる。そのために見たいサイトを最初のページから選ぶのが容易で、そのうえ検索結果が雑誌のレイアウトに似てるというのが評判で、新聞や雑誌の感覚に近いので使いやすい。

開発したのは、スタンフォード大学とIBMで検索エンジンの開発をしていたトム・コステロ、Tom Costello、CEOと、グーグルで検索インデックスやWebページランキングを担当した妻のAnna Patterson、COO、元Google社員が6名参加して開発したそうだ。

開発チームのキャリアが華麗で、それだけで話題性がある。

新しいだけに、検索できるWebページはグーグルに比しまだ十分の一程度らしく、検索結果もまだグーグルに及ばないのが難点である。

今のところアメリカでの評価はグーグルには及ばないであるが、時間がたって検索できるページが増えてくれば、グーグルに匹敵するものになる可能性がある。

グーグルが自分の事業としてやってもよかったが、優秀な頭脳が退職し新会社をつくり、ベンチャーキャピタルから投資を得て、グーグルの次世代の検索エンジンを開発したのがシリコンバレーならでのことである。

アメリカのIT産業がまだ若い証拠である。
Posted by mics at 21:12 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/376
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml