CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« ワークライフ・バランスは広がるのか | Main | 関東で熱帯果物を栽培する話 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
サイト閲覧者のトップはヤフー[2008年03月03日(Mon)]
米調査会社コムスコアの調査では今年1月の日本語サイト閲覧者数ランキングはこうなったそうです。
1位、ヤフー、4296万人
2位、グーグル、3297万人
3位、楽天、2992万人
4位、マイクロソフト、2937万人

よく言われることですが、日本ではヤフーが強くサイト閲覧者数では2位と1000万人も差があり、一強三弱の状態です。

この理由をグーグル日本の幹部はインタビューで、ヤフーはコンテンツが多い(だから見に来る人が多い)、日本ではまだネット広告の比率が5%で少ないと語ってましたが、グーグルががんばらないのが不思議です。

ヤフー日本の経営幹部が起業家なのにグーグルはサラリーマン上がりだからなのでしょうか。

ネット広告が少ない→売上げが少ない→コンテンツへ投資するカネがないのでしょうか。

広告とコンテンツはタマゴと鶏の関係です。広告が多くないとコンテンツに使えるカネがない、コンテンツが多いから広告が増える、どこかで突破しなくてはいけない問題ですが、突破できなのだと想像しました。

ネット産業の覇者がこんな状態ではいけません。これだと日本法人の幹部は更迭されてしまいますね。
Posted by mics at 20:44 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/339
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml