CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 郷土料理100選:農水省選 | Main | インドIT企業の躍進 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
KDDI小野社長:グーグルは目の輝きが違う[2007年12月21日(Fri)]
小野社長は12月中旬の記者会見で、グーグルを訪問しエリック・シュミットCEOと会談したおり、若い社員に話してほしいと請われ、モバイル担当のスタッフを前に講演したという。

そのときの感想。
「びっくりした。目の輝きが違う。35歳以上の人はいなかったと思う、7割が東洋人だったのでは」

Google訪問は携帯電話プラットフォーム「Android」にKDDIも参加するかどうかを話し合うためだったが参加を表明。

梅田望夫さんはブログに、グーグルの社員は飛びぬけて優秀な連中が入っており、しかも人とのコミュニケーションが上手な人たちだと書いている。

コンピュータ・オタクは閉じこもりコミュニケーションが苦手が常識であるが、そうじゃないのもいるんだ。それを見分けてるのがグーグルなのか、なるほどである。

オープンソースでプログラムを開発しているハッカーがグーグルに入社すると、社会で知的飢餓が解消されて社外に出てこない傾向もあるようだ。

プログラム開発ではセクションにとらわれずにアイディアを交換し合うオープンソース文化が社内にできているからだろう。

グーグルは経営の文化、ソフトが全く違う様子である。

これじゃ真似しようと思ってもすぐにはできない。

これがグーグル独走の理由なのでは。
Posted by mics at 10:46 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/311
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml