CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 消費者が入力するフランスの食品スーパー無人レジ | Main | KDDI小野社長:グーグルは目の輝きが違う »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
郷土料理100選:農水省選[2007年12月19日(Wed)]
今日の新聞に載ってました。農水省のサイトはここ。
都道府県が推薦し7人の選定委員が、一般からのインターネット投票も参考にして選んだそうです。

選定委員は委員長は服部幸應(服部学園理事長)、秋岡榮子(経済エッセイスト)、 絹谷幸二(画家、東京芸術大学教授)、田部浩子(社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会参与)、平野啓子(語り部、キャスター)、舩山龍二(JTB会長)、向笠千恵子 (フードジャーナリスト、エッセイスト)です。

秋岡さんは昔長銀調査部で一緒にいたことがある。

東京都もんじゃ焼き、大阪府たこ焼き、兵庫県神戸牛ステーキ、栃木県宇都宮餃子、宮崎県チキン南蛮、鹿児島県黒豚のしゃぶしゃぶ 。。。

地域振興が狙いでしょう。でも、レストランに「農水省選定宮崎チキン南蛮」の看板をかかげてもお上の権威が威力を発揮し、客が増えるとは思えません。

「○○100選」はたくさんあるので驚きがなく、またかという感じ。

そこでこの100選を面白い情報に変えるにはどうするかを考えました。

各地には自慢の変形「私のレシピ」があるのでそれをビデオに撮りユーチュブに投稿する、アメリカにはこれがあり、おばあさんのブルガリア料理とか世界中の自家製レシピが投稿されており人気です。移民国ならではのことで、農水省でも100選変形マイレジピのサイトを作つったら。今はそんながクールに見える時代です。

また、農水省の栄養学の専門家が健康食として再評価し、健康食品としてランキングしてみてはどうか、やれば価値ある情報になります。

農水省は自治体から出てきたモノを評価するだけではダメ、「いばっている感じ」だけがしかえって反感を買います。

何か付加価値をつけなくては、そこが農水省の考えどころです。農水省の知恵はいくらでも出せるのにそう思い至らない、これじゃいけません。

というのが郷土料理100選を見た感想でした。
Posted by mics at 13:00 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/310
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml