CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« ヒュージョン、Fusion | Main | ドトールとスターバックスの違い »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
米クリスマス商戦でネット広告が躍進[2007年11月19日(Mon)]
米国のクリスマス商戦は「ブラックフライデー」(感謝祭の翌日、今年は11月23日)から始まるが、米調査会社が11月第2週のブラックフライデー関連の広告を出しているサイトへの訪問者数を調べたら、前年の同じ週と比べて52%も増加し、05年と比べると954%も増えてるそうだ。

消費者がオンラインサイトには一般広告よりも安売りするよい商品が出ているという知識が普及してきたからである。

最も訪問者数が多かったのは Amazon.com、2位は Wal-Mart、3位は Target、また上位3位の人気商品は、「iPod」「Wii」「UGG」(オーストラリアのブーツブランド)だった。

ネット広告の米業界団体 Interactive Advertising Bureauによると、第3四半期のネット広告の売上高は52億ドル、前年同期を25%と過去最高を更新した。

ネット広告の売上高は01年から03年までは60億ドルから70億ドルで横ばいで低迷したいた時期が続いたが、以降伸びはじめ07年は200億ドルをこえると予想されている。

おかげでグーグルのようなネット広告業の業績が伸び続けている。

まだ日本にはない現象だが、きっと似たことが起こるのだと思う。
Posted by mics at 11:00 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/296
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml