CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 公開情報で加工度を上げる | Main | アメリカのブログ読者 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ワーキング・バケーション[2007年09月10日(Mon)]
NHKラジオの深夜番組を聴いていたら、ワシントンDCに住んでいる日本人のフリージャーナリストがこの夏マサチューセッツ州ケープゴットに避暑に行った体験を話してました。

数千人の町が避暑で数万人になるそうですが、長期休暇といいますが避暑地で仕事もしている、最近はインターネットや携帯電話で仕事ができるので、休みながら仕事をするのは普通のことになっているようです。

こうした休暇をワーキング・バケーションといいます。昔からあった休み方で、ネット社会になったから行われてるのではないのです。

こうした休み方は弁護士、ジャーナリスト、コンサルタントなど個人で仕事をする人に多いそうですが、最近はフリーランサーが増えてるので、ワーキング・バケーションは増えているのではと想像しました。

日本は働きすぎ、欧米の長期バケーションに習えとずいぶん言われましたが、長期になればワーキング・バケーションになります。ひと月100%休暇などはない、これが世の中です。

欧米の長期休暇を誤解してました。

ワーキング・ホリデーなんだと考えを改めると、長期休暇は楽にとれそうです。

企業は在宅勤務を増やそうと叫んでますが、その前に夏とか正月前後に1ヶ月ぐらいのワーキング・ホリデーをやってみてはどうでしょうか。

職種によってできない仕事もありますが、できる働き方は結構あるんじゃないかと思います。

斬新な企業だと企業ブランドが上がるのは確かだと思います。
Posted by mics at 20:09 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/268
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml