CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« テクノロジー業界でも女性軽視 | Main | American Competitiveness Initiative »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ユーチューブにシニアが投稿[2007年05月21日(Mon)]
ウォールストリート・ジャーナルによると、アメリカではユーチューブへ高齢者のビデオ投稿が増えてるらしい。

コンテンツはこんなぐあい。
・おばあさんが守ってきて家族に伝えてきた料理のレシピ
・おじいさんが第二次大戦に参戦した自分の自伝
・毎日の生活を写したビデオエッセー

ビデオ作成は孫の手を借りたり、なかにはビデオ作成と編集を自分の楽しみにして自分でなんでもやってしまう老人もいるらしい。

こうしたことはアメリカでも新しい現象なのでウォールストリート・ジャーナルが記事にしたのだろう。

そういえばテレビでイングリッシュ・ガーデンの番組では出てくるのは英米のおばあさんで、老人には伝えたいことや語りたいことがたくさんあるのでビデオ投稿が増えているのだと思う。

65才以上の高齢者はオンライン人口において最も急速に成長している層で、今年の末には4割の老人がネットを使い(メールと商品検索)、2010年には半分になるという予想がある。

日本のこんな記事をみたことがないが、状況は同じでひまのある高齢者がこんなことを始め、ネットコンテンツは一層豊かになって行くのはいいことである。
Posted by mics at 08:44 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/221
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml