CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« フランスの出生率は2,1 | Main | アジア証券市場の時価総額がニューヨークを抜く »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
景気拡大先進国で長期化[2007年01月24日(Wed)]
OECDは、先進国で景気拡大の期間が長くなっているのは、需給ギャップ(潜在的なGDPと実際のGDPとの差)が縮小しているためだと分析してます。

88年―96年の需給ギャップの平均値は1.4%でしたが、97年ー05年は0.8%というぐあいです。

その理由は、先進国でサービス産業が拡大し、景気がモノの売れ行きで大きく左右されにくくなってきてるからだといいます。

この議論は、90年代にあったニューエコノミー論で、日本の経済学者によって葬りさられたものですが、欧州ではまだ生きてたんですね。

サービス産業の拡大といいますが、古いサービス産業のことでなく情報通信産業のことを言ってるのだと思います。情報通信産業主力の経済は、上下変動が少ない経済だでしょう。

これ、いかにも欧米らしい見方です。製造業信仰がまだ強く残ってる日本では受けない見方ですね。
Posted by mics at 07:15 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/180
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml