CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« ポータル各社、「口コミ型」へ変身 | Main | フランスの出生率は2,1 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
07年大学生の就職人気企業、商社と銀行が躍進[2007年01月19日(Fri)]
ダイヤモンド・ビッグアンドリードが07年大学生の就職人気企業ランキングを発表したが、商社とメガバンクが躍進し、大手商社5社がベスト10入りしたり、三菱東京UFJ銀行が初のトップになるなど、「メーカー以外への就職を目指す傾向が続いている」といいます。

ダイヤモンド・ビッグの調査は就職人気企業調査では一番早い調査で07年はこんな傾向なのだとわかります。

サービス業の人気が高いといっても堅い銀行と商社に人気が高く、昔サービス業で人気上位の常連だったJAL、JTB、野村證券、東京海上、日本生命。。。などは落ちている、メガバンクでは三井住友も落選。

大学生はよく見分けてるのです。メーカーからサービス業への流れは当然なことですが、サービス業でも全てに人気が高いのでなく、問題のありそうな企業は避けられている。また成長性とブランド力だとITとネット企業が上位にきてほしいものですが、日本ではまだそうなっていない。アメリカには、マイクロソフト、アップル、グーグルなどがあるのですが、日本ではあいかわらず古いサービス業ばかりで残念です。

商社と銀行でランクが躍進した企業、06年順位→07年順位
男子文系ー三菱商事3位→1位、住友商事7位→4位、伊藤忠商事12位→5位
男子理系ー三井物産 5位→3位、三菱商事 6位→5位

女子文系ー三菱東京UFJ銀行 4位→1位、みずほフィナンシャルグループ 5位→4位、三菱商事 13位→5位
Posted by mics at 08:50 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/178
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml