CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 中堅・中小企業のIT投資が増える!!! | Main | 労働時間規制外の適用者は2万人? »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
ムギ畑[2007年01月12日(Fri)]
ワーキングマザー(WM)のサイトで、97年から始まり10年も続いている先発組みで、類似サイトは最近ずいぶん増えてきましたが、その老舗です。

主宰者は勝間和代さん、ウォールストリート・ジャーナルで、注目すべき女性50人に選ばれた人です。公認会計士ですが、子育てしやすい会社を求めて、外資系企業を転々とした人で、現在はモルガンのアナリストをやってます。

毎日新聞の「政治に思うートップランナーからの提言」に登場し、子育て・少子化対策について論じてます。このインタビューシリーズ、若い論客を探してきて、最近の政策にインタビューしてますが、若い感性にあふれた内容で、とても新鮮で愛読してます。勝間さんには、子育て政策について問い、こんな回答が書いてありました。
・「美しい国」政策では子供は増えない、メディアも何人減ったかとのんきに数字を書いて場合じゃないでしょう
・子供を増やすには、カネのかからない公教育の充実が大切
・仕事と育児のバランスが取れた生活が当たり前のことにならなくては
・「当たり前のこと」ができた国で出生率が上がってる
・団塊のジュニアが子供を生む年令に達してるので、この2〜3年が勝負

なるほどということばかりで、感心しました。

そこで「ムギ畑」のサイトを改めて詳細に読んでみました。5000人近くが参加してる子育てサイトですが、弁護士、会計士、医師、システムエンジニア、ウェブデザイナー、外資系企業の専門職など、「野心」と「パワー」にあふれた知的な仕事についているWMが、ネットでぺちゃくちゃやっているサイトです。

子育てに関する体験を分け合ってますが、なるほど、これが日本の「群集の叡智」の好例だと思いました。仕事と子育ての両立の苦労をネットで共有して、お互いに励ましてるのです。

自分の体験記を書いていたり、一問数十答で、問題突破の具体策もあります。先輩WMが後輩に知恵を伝えてるのです。

現役WMなので、仕事と子育ての両立に成功した人たちなのですが、成功理由は、家事と子育てを夫と共有してる、過剰な家事をやらない(手抜き)、両親が近くにいる、オフ会がすきで同類に会いストレスを発散したり勇気ずけられる、所得が高いなどWMの共通した特色がみえてきます。意外なのは3人の子持ちがおおいこと、忙しいから生まないの反対なのは驚きでした。

ネットでなくてはできないことで、「ムギ畑」効果が子供を生むことに発揮されてるんだ、おおげさに言うと、インターネットが子供を増やしてるという感じです。

自民党の政治家は、このサイトを研究しなくてはいけませんね。
Posted by mics at 08:34 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/175
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml