CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« マイスペースの日本進出 | Main | 特化型SNS(8)こんな特化型SNSもあります »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
特化型SNS(7)イントラSNS[2006年11月17日(Fri)]
社内限りのSNSのことで、現在社内で進行中。

社内の相互意見交換、本社と地方との意見交換、営業担当者と本社の技術担当者がリアルタイムに情報交換できる、面識のない人との議論が可能。。。など、利点が多い。

IDで参加者を限定できるので、社外秘のグループワークに対応できるのが他のツールと違い、知識の共有や創造を促すツールとして使えるのではないかと実験が始まっている。

アメリカでも同様なことはあり、”Enterprise 2.0”と呼ばれて、創発的なソーシャル・ソフトウエア・プラットフォームとして注目されているらしい。

Wikipedia, YouTube, Flickr, MySpace, etc. These are for individuals on the Web, not companies. そこで企業内SNSが開発されてるのだ。

このツールは、企業内だけでなく、親しい企業間や顧客の間で重要なコミュニケーションができるので、市場予測、市場開発、研究開発など、知的分野での応用範囲が広い。

まだ始まったばかりで成果は見えないが、数年もすれば社内SNSが、当たり前のことになるんだろうか。
Posted by mics at 16:54 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/156
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml