CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« ブログの文章は短くてはダメ? | Main | 特化型SNS(1)「ジョグノート」 »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
よい企画にはトゲがある[2006年10月30日(Mon)]
企画が成功するコツの話です。

10月26日のNHKテレビ番組「プロフェッショナル」に、「たまごっち」を開発したおもちゃ企画会社の社長が登場してましたが、彼が言うのに、「トゲがなくちゃ」です。

トゲとは、常識にとらわれてないもの、見た人をよくも悪くも刺すもののことです。

社員100人の企画会社ですが、ある試作品を社内でアンケート調査し、一番人気のあった作品をダメと判定します。一番と判定したものは、常識で見ており、無難な作品になっており、だから皆が選んだんですが、突出した所がない、そこで社長は二番目の作品を当選とします。二番目にはトゲがあったんです。企画会社の社員ですから、そうとうトゲのある人材ですが、それでも選んだものは常識的なものだった、このあたりが面白い点です。

企画案に入っているトゲの含有率は、2割がちょうどよいかげんだそうです。もっと入ってるものだと思ってましたが、ありすぎると嫌われてしまう。2割りとは経験則から得られて割合のようでした。

トゲが必要という説は、なるほどです。

それでは、トゲの含有率が2割だと全て売れるかというとそうでもないらしい。実際に売ってみて、市場の反応を見なくては成否はわかりません。そこで、トゲのあるものを次々と市場に放ち、トゲを市場にあわせて直すことが必要です。社長は、これを厭いません。成功するまで直すので、失敗はないと自信満々です。

このくらいのしぶとい精神がないと企画会社なんて経営できないんでしょう。企画案が成功するかどうかは、アイディアが優れていることよりも、人に合わせながら変えることだという結論は意外です。

アイディアだけでは成功しない、辛抱強く市場にあわせる、それはドロドロになりながら、市場と付き合う、これができるのが企画会社の要点だと知りました。
Posted by mics at 14:18 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/147
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml