CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« 仮想旅サイト | Main | ブログの文章は短くてはダメ? »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
高額炊飯器がバカ売れ[2006年10月25日(Wed)]
夕刊フジに高額炊飯器が、メーカーの販売計画の1,5〜2,0倍もバカ売れしている話が載っていた。

炊飯器は、量販店で1〜2万円ぐらいだが、6〜10万円のものがバカ売れしているそうだ。三菱電機の「本炭釜」(炭素材料を職人が削り出したもの)、タイガーの「炊きたて」(土鍋釜)、松下の「SSA」(銅釜の内側をダイヤモンド粒子でコーティング)などの商品である。

購入するのは50才代、メーカーの担当者は「蓄えがあり舌が肥えた人たちが買っている」と驚いている様子が書いてあったが、大きな変化の先端現象じゃないのかと思う。

日本でも高額な厨房機器が売れ始めたのが重要なことである。

90年代の初めにアメリカの景気が回復し、所得の高い人々が消費するのが高級車、高額マンション、別荘でなく、台所用品だという新しい現象が起こった。こうした新消費層を、ブルジョアのうえボヘミアンなライフスタイル(ジプシーの自由で奔放なスタイルで、文化や芸術を愛する)だと「Bobos」(2つのBoは、ブルジョアとボヘミアンの頭文字をとった、ボボス族)というが、日本でもそんな種族が登場したのがこれじゃないのか。

ボボス族が消費する場所が、厨房(広い台所、高価な包丁、紋章がついたナイフとフォーク、高額な鍋)、家具、庭園など身の回りのもので、他人に見せびらかすのでなく、自分や家族のためにカネを使う点が新しい。

アメリカのBobosは、景気回復でITや金融で数億円、数十億円の金持ちになった40才代や50才代のことで、成功したアメリカの団塊の世代である。

アメリカの団塊世代は、1946年生まれから、以後18年間(こんなに長いのは、戦勝国で戦地に駐留していたためと朝鮮戦争などがあったため)に生まれた世代で約7000万人、先端は今年60才になった。ボボス族は、この主力層である。

この連中は、大学院卒の高学歴のうえ、文化を愛し、趣味が広く、前世代の金持ちとはライフスタイルが全く違う。国家よりも住んでいるコミュニティに忠誠心を持ち、社会参加を大事に考える利他主義者である。

マイクロソフトのあるシアトルが、ボボス族の多い代表的な都市であるが、ソフトな産業がこんな新種族を生み出した。

これがアメリカのボボス族で、日本でも登場するなと思っていたところ、ついに登場したのである。

9月末つま恋であった吉田拓郎とかくや姫のコンサートには、チケットが15,000円もするのに35,000人も集まった。参加したのは40才〜50才代で、経済的な苦難にあっているわりにはずいぶん思い切った支出をするものだと感心したが、これに高額な炊飯器の売れ行きを重ねると、日本でもボボス族誕生の証拠ではないかと思う。

ほんとにそんな社会に変っているんだ、なんだか面白い時代になってきた。
Posted by mics at 10:18 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/145
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml