CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« Crowdsourcing(4)−Cambrian House | Main | Crowdsourcing(6)−iStockPhoto »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive[2006年08月17日(Thu)]
アメリカの大手製薬企業イーライ・リリーのeビジネスベンチャー、2001年に設立された。当初は社外の頭脳を医薬品の開発に使う狙いだったが、ドアを開け、ネットワーク上で活用できる臨時のエキスパート部隊を、ボーイング、デュポン、プロクター&ギャンブルなどに提供して顧客にしている。在マサチューセッツ州アンドーバー。

顧客の企業(シーカーと呼んでいる)が、R&Dの問題やトラブルを、登録している100カ国のメンバー(ソルバーと呼んでいる、アメリカ、カナダ、英国、ドイツ、インド、中国などの大学や企業の研究開発者、日本はゼロ)に公開し、それを解決するアイディアや技術に報酬が支払われる。報酬は数万ドル、最高10万ドル。

日本からの参加がゼロなのは、英語の問題ではなく(日本語のページがある)、そんなことをやっていると知らないだけだろう。日本からだってソルバーになれる人材はおり、報酬3万ドルとすると、いい収入じゃないだろうか。

R&Dコストの大幅削減を実現できることを売りにしているが、最も秘密にすべき研究開発部門で、こんなビジネスが成り立つのは、研究開発費の伸びが、売上高の伸びを上回るようになり、一方、世界中にフリーな研究開発者の豊富なストックができているからである。

ソルバーは、ロシアや東欧諸国の人材やアメリカや欧州のリアイアした人で、この資源に目をつけたのが慧眼である。

企業が群集の叡智を活用するモデルとしては、もっともそれらしい。タイムラッグをともない、そのうち日本にも波及しそうなことである。
Posted by mics at 09:51 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/117
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml