CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
町田洋次のネット・ソフト化経済センター
ソフト経済についての最新のコラムです。
過去から蓄積したソフト化経済センターのホームページ・コンテンツは、06年1月14日・15日にupしてます。過去のコンテンツが載っているページのアドレスはここです。
http://www.geocities.jp/yymachida/index.html
« Crowdsourcing(3)−無印良品のネットコミュニティ | Main | Crowdsourcing(5)ーInnoCentive »
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Erwin Morton
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/15)
あきら
新日本様式 (02/12)
Karol Castaneda
iーPod携帯電話 (02/12)
April Fields
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Kendrick Baker
Crowdsourcing(5)ーInnoCentive (02/12)
Susie Cash
iーPod携帯電話 (02/12)
最新トラックバック
中島千波 (07/06)
video test (06/25)
video test (06/25)
video test (06/25)
月別アーカイブ
Crowdsourcing(4)−Cambrian House[2006年08月16日(Wed)]
クラウド・ソースト・ソフトウェアの専門会社、カナダのカルガリーで06年2月に設立されたばかりの会社である。

Webでソフトウェアのアイディアを公募し、社内で評価のうえ、いいアイディアは開発に進み(ここでも群集の知恵を集める)、できた製品は当社で販売する。売れたら成果報酬でロイヤリティを参加者に払う。成果報酬を払うといっても高額でなく、億万長者になれるわけではないが、オープンソースの世界で、ボランティア精神だけでなく、報酬を払うようにしたのが新しい点である。

カンブリア紀は生物の進化が進んだ時期だが、それに倣いソフトウェアの制作を、これまでとは違って進化させる
んだという気持ちが込められている。

できたばかりで実績に乏しいが、既存のビジネスをクラウド・ソースに変形したのでなく、事業の設計段階からそれに徹してつくっているので、そのビジネスプランだけで、すでに高名になった。

未知の領域での挑戦なので成功するかどうかわからないが、1号が始まったので、こうなると、似たような会社が登場することが予想される。
Posted by mics at 08:40 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/softnomics/archive/116
プロフィール

micsさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/softnomics/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/softnomics/index2_0.xml