• もっと見る
Social Port Yokohama スタッフのブログ
横浜市ソーシャルビジネス普及事業2012
横浜ソーシャルビジネスポータルサイト「ソーシャルポートヨコハマ」スタッフのブログです
« 2012年08月 | Main | 2012年10月 »
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index2_0.xml
SB公開インタヴュー第5回「(株)シェアするココロ」代表石井正宏さんは熱い魂の持ち主[2012年09月28日(Fri)]
山崎です。ごぶさたしています。ソーシャルビジネスに携わっている方にお話を聞くソーシャルビジネス公開インタヴューの5回目は、ニート・フリーター等の若者支援をしている「(株)シェアするココロ」(略シェアコロ)の石井正宏さんがゲストでした。

R0015426.JPG

「シェアするココロ」という社名は、若者支援の仕事に携わる以前に音楽活動もしていた石井さんが好きなアメリカのロックバンド、グレイトフル・デッドの活動から来ています。現在、音楽が売れない原因が音源シェアにあると言われている時代にちょっと信じられませんが、デッドは自身のライヴ会場での演奏を録音することを許可し、ファンたちはそのテープを共有(シェア)して交流を深めていました。

これら会場でテーピングするファンと現在のネット配信で育った若者との違いは、テーピングしたファンは、録音テープをシェアするものの、ライヴコンサートのチケットにカネを払って通い、アルバムが発売されるとちゃんと買うということです。自分たちの役割を理解していて、ミュージシャンを支えているサポート意識がありました。そこには共有する全体感があったのです。一方で、現代の若者にとっては、ネットを介してのみの関わりだとしたら、音楽の背景にあるそれを制作している人の実体が見えないことが、音楽を買わない要因かと思います。だからネット配信のせいにしてはいけないんですねホントは。アメリカでも現在はそういう若者が増えて、いろいろ次世代の在り方の模索を始めています。
http://thetrichordist.wordpress.com/2012/06/18/letter-to-emily-white-at-npr-all-songs-considered/

この2つの違いは、その人に対する共感があるかどうかだと思います。石井さんは高校の相談員をしたり地方に出掛けていって、自分が実体として“人の間”に分け入ることで、そこに共感を作り出そうとしています。

「シェアするココロ」の活動のひとつに、高校生にアルバイト兼インターンを斡旋する“バイターン”があります。就職前に社会経験をさせることが目的ですが(バイト経験のある子の就職率はない子に比べて抜群に高いそうです)、そこで得られるのは単に履歴書に書ける経歴だけでなく、雇用側と生徒たちの間に生まれる共感です。縁から生まれた「情」や「絆」を雇用に結びつけるための活動。エクセルで表が作れるなどの人間性以外の実務能力で雇用機会を探っているのではないところに特色があります。

起業から現状までのストーリーが、山盛り一時間聞けます↓


Video streaming by Ustream

テキストベースでの詳細は、ソーシャルポートヨコハマwebsiteで。

株式会社シェアするココロのウェブサイトは下記。
http://sharecoro.com/
参加者“と”アートスペースが結びつく[2012年09月28日(Fri)]
涼しくなり事務所の窓を開け放っていると、ときどき船の汽笛が聞こえてきて、横浜っていい所だなぁとしみじみしている鈴木です。

と_路地.jpg

さて9月26日(水)のソーシャルビジネス・フィールドワークは石川町駅南口に集合し、街歩きとアートスペース「と」さんで今井嘉江さんのお話をうかがいました。
自慢ではありませんが、これまで9回のフィールドワークは雨に降られたことはありません(暑すぎた日はありましたが)。この日も絶好のフィールドワーク日和となりました。

細かいところは後日のレポートに譲りますが、子供の頃から地元にお住まいだった今井さんならではの視点と行程でご案内いただき、周辺の様子がよくわかりました。上の写真も、神社の脇から入る地元の人しか知らない道です。
「反対側の元町とは好対照」
「でも、こっちも好き」
「横浜にこんな通りがあったんだ」
などなど、みなさんの印象も様々。そして、この町とうまく関わりながらアートスペース「と」が誕生し、機能し始めていることも実感できました。

と_店内.jpg

今井さんと接していていつも感心するのは、その求心力。「と」がうまく展開している原動力にも見えます。
今井さんは見事なまでにみなさんを引きつける、そしていい意味でどんどん巻き込んでいきますよ。
それを象徴する写真が、こちら。

と_厨房.jpg

「と」のスタッフお二人に見えますが、実はお一人は当日の参加者なんです!
「と」の運営は“日直制”で、毎日店主が変わります。土曜日だけアキでしたが、なんとご参加いただいた大学生がその土曜日を担当することになっちゃいました!
で、早く馴染もうと、フィールドワーク終了後に自ら厨房でお手伝い。
私たちスタッフが帰り際にご挨拶させていただいた時には、この大学生さんはすっかり「と」の一員。なんだか不思議な気分で帰路に着いたのでした。

こうした出会いが生まれるのも「フィールドワーク」ならでは!
今回参加できなかったみなさんも、ぜひ一度お越しください。

こちらこちらは、同じく当日参加くださった方のブログです。
乳児院とは?[2012年09月25日(Tue)]
 やっと秋になったと思ったら雨ばっかり。水不足の関東には恵みの雨だとわかっていても足が濡れるのがとーっても嫌な田中です。

 我々がやっているソーシャルビジネス普及事業には、フィールドワーク実施の仕事もあります。地域や人のためになるビジネスを起業した人々の実際の現場を見る視察会です。うちの鈴木がよくブログに事後報告を載せていますが、毎回新しく気づくことや学ぶことも多く、参加者とのつながりが生まれたりと、スタッフにとってもやりがいのあるイベントです。

 さて、10月4日に開催されるフィールドワークは記念すべき10回目となります。ご登場願うのはリサイクル業を営んでいる「エバーフォワード」の阿部元気さん。ただのリサイクル業であれば、我々もフィールドワークの視察先に白羽の矢を立てたりいたしません。阿部さんがやっているのは、売り手が手にする額の何%かを寄付するという社会貢献型リサイクル。新しい寄付のかたちです。何%を寄付するかは売り手次第です。

阿部さんスマイル.jpg
阿部元気さん

 阿部さんがリサイクル業をやろうと思いついたのは、ご自身の離婚がきっかけでした。もうつけることはない結婚指輪をどうするか、自分の様に処分に困っている人がたくさんいるだろうと考えたからです。捨てるのも、売るのも違うような…。でも誰かの役に立つように使われるならいい思い出で終われるような気がしませんか? それで貴金属の寄付つきリサイクルを始めたといいます。その思いつきもユニークですが、もっとユニークなのは集めたお金の寄付先を乳児院に特定しているところ。

 この仕事で知り合ったシングルマザーたちとの縁から乳児院を知った阿部さんは、そのギリギリの運営状況などを見るにつけ、真剣に支援が必要だと思い至ります。実は阿部さんにお話を伺うまで、私も乳児院のことをよく知らず、昔タイガーマスクがいたような孤児院と同様に考えていたところがありました。乳児院とは、なんらかの事情で保護者が育てられない3歳未満の乳児を主に収容する福祉施設です。乳児の間は学校や幼稚園など外の社会とのつながりがないため、乳児院は認知されにくく、そのため人々の関心もなかなか集められない状況がありました。しかし昨今、大きな社会問題となっている虐待の事例が増えるに従って、乳児院は保護者との一時的な隔離に使われるシェルターのような役割も担ってきています。子育て支援の側面からも存在意義を考えなければいけない施設となっているのです。

 厚生労働省の統計では、平成22年度の0~3歳児への虐待相談対応件数は1万834件で、全体の19.6%に及び、年々増加の傾向にあります。また虐待死例では0歳児が全体の40%強、0〜5歳児では9割を占めるなど、乳幼児の虐待は死につながりやすいのです。保護は緊急を要すため乳児院の重要性は高く、人員、施設、保育内容の一層の充実が求められています。収容児の数が増えるに従って、予算や人員不足で、必要最低限のケアしかできない施設が多いといいます。「三つ子の魂、百まで」ではないですが、後の人格形成、肉体形成に乳幼児期の保育が影響することはよく言われることです。

乳児院.jpg
白百合ベビーホーム

 今度のフィールドワークでは、阿部さんと一緒に支援先の横浜市泉区の白百合ベビーホームを見学します。この乳児院は地域のおかあさんのための集いの場所も提供しています。島田院長にもいろいろな現状についてお話していただくことになっています。乳児院を訪問する機会はなかなかありません。これをきっかけにして認知が広まればいいと思います。ぜひ多くの方に参加していただきたいフィールドワークです。

フィールドワークお申し込みはこちら
http://socialport-y.jp/event/201209/individual341.html

エバーフォワード
http://www.everforward.jp/index.html

白百合ベビーホーム
http://www.nikoniko-park.com/index.html
フィールドワークのリーフレット配布しています[2012年09月20日(Thu)]
9月も下旬になるというのに暑くてボーっとしていて、1ヶ月も前にできていたリーフレットを掲載するのをすっかり忘れていた鈴木です。すみません。

SBフライヤー表.tiff

秋色です。
すでに7回目と8回目は終わってしまいましたが、11月分まで掲載されていますので、ぜひお手に取ってご覧ください。
市役所、区役所、地区センター、図書館など市の施設に置いていますが、なければ事務局のある関内の「さくらWORKS」にありますので寄ってくださいね。

SBフライヤー裏.tiff

現在募集しているのは、9回目(残りわずか)の「アートスペース と」さん
10回目の「エバーフォワード」さんです。

みなさんのご参加をお待ちしています!
プロボノ集まれ![2012年09月19日(Wed)]
もう9月の中旬なのに、相変わらず暑いですね。そろそろ夏服も飽きました。半袖は飽きました、の田中久美子です。

mass×mass関内で開催される起業家支援財団運営の「YSBスクール」、そして横浜市主催、NPO法人ETIC.が運営の「Yokohama Changemaker's CAMP(以下CAMPと呼ばせてもらいます)」と、横浜では秋から社会起業家支援のプログラムが始まります。ソーシャルビジネス活動を継続してもらうため、事業の基礎体力をつけるためのカリキュラムが揃いました。

先日、CAMPの「リサーチコース」に参加してもらうプロボノ募集のための説明会がありました。プロボノというのは、仕事で培った専門知識やスキルをボランティアで社会貢献する人という意味です。英米では、貧しい人に無料で弁護士が相談にのったり、教師が学校に行けなかった人に教えたり、といろんな活躍をしています。

IMG_4907.JPG
満員の応募説明会

この「リサーチコース」では、プロボノと参加起業家がチームを編成し、起業家が取り組むテーマに沿って、市場のリサーチや分析を行います。このプログラムが画期的なのは、民間と行政職員の『官民協同』作業が実現したから。プロボノの募集は横浜市や区職員にも広く告知されています。『官民協同』って今までありそうで、でも実はなくて、なんと日本で初めての試みなのだそうです。

プロボノにはもちろんプロならではのナレッジを披露してもらうことも期待されていますが、事務局が求めているのは「起業家に寄り添う支援者」。起業家のやりたいことを理解して、共感して、サポートする強力なチームメートを募集しているのです。また民間と自治体の将来的なネットワーク作りに大きな期待を抱いています。

昨年のプロボノ参加者からは「多様な視点や発想が自分にも刺激になった」「楽しかった。資料作成時などの表現料の違いなども感じて視野が広がった」など、好意的な感想が寄せられました。
応募説明会の参加者は約50名。会場の席が足りなくなるほどの盛況ぶりでした。事務局に聞くと、民間と行政職員の参加者の割合はほぼ半分半分だったとか。

参加テーマは4つ。
●発達障害を抱える大学生の就職支援
●捨てられる規格外野菜の活用
●東北大震災被災地と横浜を結ぶ海産物の流通システムの確立
●障がい者や介護家族の住みやすい家つくり

興味があるテーマがあったら、ぜひ応募してみては?
きっと自分の可能性も広がることと思います。

Yokohama Changemaker's CAMPサイト
http://yokohama.etic.or.jp/camp/

フィールドワーク後に寿カレーを[2012年09月18日(Tue)]
9月になってもあいかわらず新陳代謝が激しい(汗をかいているということ)鈴木です。年をとると汗をかかなくなるという常識が、自分には適用されそうもなく、がっかりしています(笑)。

さなぎの食堂店内.jpg

そんな暑い日に、ソーシャルビジネス・フィールドワークで中区の寿町を歩いてきました。

ドヤ街、寄せ場などと呼ばれ、かつてはちょっと怖くて足を踏み入れるには勇気がいる場所。しかし、現在は住民(宿泊者?)たちの高齢化に伴い、“福祉のまち”と呼ばれるようになっています。その寿エリアで様々な活動を行っている「認定NPO法人さなぎ達」さん川崎泉子さんにお話をうかがったり、実際に街を案内していただきました。

まち歩きの中で訪問した「さなぎの食堂」に、イベント終了後、参加者のみなさん数人と再度うかがい、実際に食事をしましたよ。
「さなぎの食堂」は、路上生活者に、横浜市が発行している食券(パン券)でも3食あたたかい食事ができるようにと10年前にスタート。各企業の協力も得て300円〜400円で定食を提供しています。今では「認定NPO法人さなぎ達」の収入の核にもなっているとのこと。

ちょうど夕飯が始まる時間だったこともあり、注文カウンターの前には長い列ができていました。それでも、スタッフさんの手際がよくて思いのほか早く順番が回ってきました。

寿カレー.jpg

いただいたのは「寿カレー」。
ネーミングがいいですね。幸せな感じ。野菜がゴロゴロしていて懐かしい味とビジュアルです。しかも、みそ汁と小鉢(小皿)が付いて300円! この小皿がまたうまかった!これをご飯の上に載せて食べたくなったくらい。間違いなく並んでも食べる価値はありました。

酢鳥丼アップ.jpg

食担当の田中がもりもり食べていた日替わりの「酢鳥丼」も具だくさんで、実においしそう。これで300円も信じられない安さ!
もちろん、一般の方の利用も大歓迎だそうですので、みなさんもいかがですか?

ちなみに、ここは「食」の提供はもちろん、同時に働く場として「職」の提供も行っているんですよ。
後日、この日のレポートもこちらにアップされますのでご覧ください。

元お肉屋さん.jpg
「さなぎの食堂」は、元お肉屋さん。肉をぶら下げて運んだレールが天井に残っています。
ワーキングマザーの集いに男が潜入?[2012年09月08日(Sat)]
最近忙しくて休日も含めて立ち食いそばが日課の鈴木です。

08Hatch.jpg

今日は朝から「ワーママライフハック」さんのイベントに参加してきました。
参加者のほとんどが女性で、テーマも「私たちの働き方を考えよう!」でしたので、男の自分としてはちょっと“潜入”というカンジ。
実は「ワーママライフハック」の坂本愛子さんは「ソーシャルビジネス・フィールドワークVol.4」に参加してくださった女性起業家(都築区在住)。そして、そのとき訪問した「おうち保育園」代表である小栗ショウコさんと出会い、今日はその小栗さんもゲストでした!

「フィールドワーク」は、いろいろなところで繋がりが生まれていて嬉しい限りです。

イベントでは、小栗さんと、起業の準備中に妊娠し出産、子育てをしながら走り続けた唐松奈津子さん(スパルタデザイン株式会社代表取締役)と坂本さんのトークセッションからスタート、参加者の若々しいママさんたちは頷いたり笑ったりでおおいに盛り上がっていました。
お話の中から、女性が子育てをしながらも、当たり前のように働くことができる社会づくりが求められていることを実感。こういう話は、男性こそが聞くべきではないか!などと思った次第であります。

ところが、ちゃんと感じ取っている男性と出会いましたよ。
会場となった赤坂の「Hatch」のオーナーである片山勇志さんです。子育てをしながらも働きたいという奥さんを見て、小さなお子さん連れでも働けるスペースを考え出したとのこと。そう、「Hatch」は子供連れママやパパが安心して働けるキッズスペースが確保されたコワーキングオフィスなのです。
ガラスの向こうが保育スペースになっていて、今日も参加者のママたちのお子さんたちが元気に遊んでいました。

「小さな空間かもしれないけれど、こういう存在が認知されていけば大きな変化が生まれるはず。それに挑戦しているんです」
と、力強く語ってくれました。
横浜にもこんなスペースがあったら、輝く女性ももっともっと増えるんじゃないかなぁと思わずにはいられませんでした。
おっと、もちろん「Hatch」は男性だって使えますよ。
検索
検索語句
プロフィール

ポートちゃんさんの画像
ポートちゃん
プロフィール
ブログ
公式サイト