• もっと見る
Social Port Yokohama スタッフのブログ
横浜市ソーシャルビジネス普及事業2012
横浜ソーシャルビジネスポータルサイト「ソーシャルポートヨコハマ」スタッフのブログです
« レポート | Main | 介護/福祉 »
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index2_0.xml
スキャナー1台でご年配者が古い写真のデジタル化に目覚めた![2012年08月24日(Fri)]
暑い日が続きます。着替えを持参し、出勤時と退勤時に実は衣装が変わっている鈴木です。

そんな暑い中、ソーシャルビジネス・フィールドワークのリーフレットのデザインをお願いしてる高橋晃さんがご来社、別のリーフレットの打ち合わせをしました。ありがとうございます。

高橋さんと本.jpg

それが済むと、バッグから出されたのがこの本。
こうなんの歴史アルバム2 街づくりの歴史物語」です。
地元の方から古い写真を提供してもらいデジタル化、それにまつわる例し物語をまとめたとのこと。特別非営利活動法人港南歴史協議会編集・発行で、高橋さんもお骨折りの力作です。
個人の写真は、こうして公にはなかなか出てこないものです。しかも、持ち主が高齢化すれば、その遺品は処分されていく運命がほとんど。
ところが、「スキャニングして残す」という手法をご年配者にお教えしたら、みなさんが目覚めて古い写真が一気に集まってきたのだそうです。なので、このシリーズも、もうVol.2。歴史を語る写真の保存はもちろん、本というカタチになって残るすばらしい事例ではないでしょうか。

「このモデルを他のエリアにも広げていきたい」と高橋さん。
私たちの事務所のある『さくらWORKS』の図書館に寄付していただきましたので、興味のある方はご覧ください。
おいしい週末2。[2012年07月09日(Mon)]
さてさて、田中のおいしい週末、まだまだ続きます。第2のイベントは、横浜ジョイナス屋上で、土、日と開催された『空中の森マルシェ』。

天空の市1.jpg
気持ちのいい空間です。

 ジョイナスの屋上は、植林&彫刻で、ちょっとした憩いの場となっています。そこで開催された『マルシェ』のテーマは地産地消。ブースにはずらりと近隣からの野菜や食材が並んでいました。穫りたて野菜で作ったピクルスなどもあって色とりどり! 野菜もみずみずしくて旬を感じました。ブースの中には、先日ブログで紹介した大川印刷による横浜風景イラスト展示もありました。

天空の市2.jpg
見るとみんな買いたくなってくる!

 横浜市は都市農業が盛んで、その現状を紹介するフィールドワークを先日開催しました。レポートは近日中にソーシャル・ポート・ヨコハマで掲載します。また横浜コミュニティデザイン・ラボの公開インタビュー・イベント「ヨコハマ・エコ・ビューイング」では、横浜の地産地消のガイドブック『食べる、横浜』の製作に関わったおふたりを7月24日の次回のゲストとしてお呼びします。興味のある方はぜひ!

http://www.facebook.com/events/100454950100087/

 次回の開催は9月1、2日の週末です。横浜駅周辺や、私の住む関内近辺には野菜直売所がほとんどありません。貴重な機会なので、また買いにきます! もぐもぐ。

天空の市3.jpg
左より『空中の森マルシェ』のプロデューサー、大谷浩司さんと、2日に渡ってこのイベントを生中継放送した小泉学さん。ちょっと日に焼けてます。

次回案内 http://www.sotetsu-joinus.com/market

おいしい週末1。[2012年07月09日(Mon)]
昨日は久しぶりにちょこっと晴れた日曜日でしたね。スタッフの田中です。

 ソーシャルビジネスフィールドワークの1回目に登場してくださった大口通商店街の『濱の市』。レポートにも書いていたとおり、店主の坪倉良和さんが店の奥のカフェスペースに東北支援のアンテナ・ショップを立ち上げました。昨日がオープン初日だったので、様子を見に行ってきました。

濱の市 石巻1.jpg
被災地の現況も紹介しています。

 中には石巻、陸前高田、二本松と、秋田の美郷町、米沢の名産品がズラリ。ボランティアの方々が丁寧な対面販売を繰り広げてらっしゃいました。当日の目玉はイベント立ち上げ記念の『石巻焼きそば』。実はこの焼きそば、被災後ソースが入手できなかったため、地元の味噌醸造所が自前の味噌を使って焼き上げて被災した人々に振る舞った、というエピソードがあります。そのレシピを使った味噌味焼きそばなのです。焼いていたのは石巻復興プロジェクトのメンバー。これからも参加するイベントで焼き続けていくそうです。みなさんも今度ぜひ!

濱の市 石巻6.jpg
いいにおいも人を呼び寄せるのであります。

 このアンテナ・ショップ、いろんな人がボランティアで関わっていました。その中に横浜市東京事務所の方が。被災地の復興支援をする団体の多くが東京に本部を置いています。その人たちと横浜を結びつけているのが、この東京事務所。今回も東北支援の方々と坪倉さんをつないでいます。将来は商店街の空き店舗に東北支援のショップを常設にして、就労機会も増やしたいと考えているそうです。支援、地域活性、雇用促進の一石三鳥を目指せれば、と話していました。

濱の市 石巻5.jpg
にぎわっている店内の様子です。

 お昼にNHKで紹介されたせいか、午後は人出が増えました。足が不自由なのにテレビを見て出かけてくださったおじいさんは石巻出身で、最後に涙ぐんで「頑張れよ〜」。これには、周りにいる人たちがもらい泣き。人が触れ合えばこんなドラマもあります。

濱の市 石巻7.jpg
取材もたくさん受けていました。横浜コミュニティデザイン・ラボ理事の渡辺もボランティアとして参加です。幼少の頃は八百屋になりたかったという渡辺の呼び込みは大迫力!

 それにしても対面販売の威力はすごい。通りを歩く人におすすめすると、ほとんどの人が店をのぞいてくれます。焼きそばもそれで飛ぶように売れました。150食完売。いぶりがっこも塩蔵わかめも完売です。また近日中に入荷予定です。

濱の市 石巻4.jpg
私の狙いはこのほや酔明。これレアなんですよ〜。友達に「ゲット!」と報告しました。

 このアンテナ・ショップ、2ヶ月続く予定です。いちど足をお運びください。特産物とってもおいしいです(試食済み)。濱の市のお魚も! もぐもぐ。

濱の市 http://hamanokawaraban.seesaa.net/
 
 次の被災地復興のイベントは、7月30、31日に開催される横浜市南区の『南祭り』。こちらにもぜひ!

http://kanamag.net/archives/7033

中小企業と学生インターンが生み出した成果。[2012年07月04日(Wed)]
昨日のすごい雨で、全身ずぶ濡れになった田中です。

そのすごい雨の中、横浜では熱い、熱い報告会が行われていました。横浜市主催、NPO法人ETIC.が事務局となって推進している、横浜の企業とのインターンシップに参加した大学生たちの地域活性化事例の発表があったのです。

インターン発表会.jpg
大川印刷でインターンをした矢萩祥恵さんの発表。

大学生のインターン先は横浜の(株)大川印刷、(株)横浜ビールと、他の地域の参考例ということで、静岡県熱海市の地域活性化活動を繰り広げているNPO法人atamista。いずれも郷土愛に満ちあふれた代表を有し、地域貢献に積極的に関わっている企業、団体ばかりです。
横浜の街角イラストの巡回展覧会(大川印刷ー矢萩祥恵さん)、横浜の食材とその作り手紹介(横浜ビールー佐々木菜摘さん)、地元企業や住人とともに熱海をアピールするイベントやツアーの企画(atamista−坪井聡さん)と、3人が関わった活動はさまざまでした。でもそれぞれのインターンの話は、いずれも彼らの成長の記録でもありました。若い人たちの苦労、達成後の感動の話を聞きながら、清々しい気持ちを抱いた人も多かったはず。

横浜の製品.jpg
会場には地産地消を推進する横浜ビールが地元製品を紹介するコーナーも。やっぱり食担当として気になります。もぐもぐ。

インターンを経験した人が後に起業した例も多いそうで、インターン事業は将来への種蒔きなんですね。インターンを受け入れた企業も「自分の会社が若い人たちにとって魅力的であるか、若い人を育てていけるのか、を考えるいい機会になった」(大川印刷)、「インターンは志が高く、それが社員へのいい刺激になった」(横浜ビール)、「戦力が欲しかった。思った以上の働きをしてくれた」(atamista)と全てポジティブな感想でした。こんなふうに双方にいい影響を与えあうインターンシップが、もっとポピュラーになればいいと思います。

パネルディス.jpg
後半はインターン受け入れ先のパネルディスカッションでした。

発表会が終わる頃には雨もあがっていました。大学生のみなさんがインターン先で体験したことを活かして、将来大きく社会のために羽ばたいていかれんことを!

NPO法人ETIC. http://www.etic.or.jp/

株式会社大川印刷 http://www.ohkawa-inc.co.jp/

株式会社横浜ビール http://www.yokohamabeer.com/

NPO法人atamista http://atamista.com/
和田町の「わっか」から公開インタビューをi行いました![2012年07月02日(Mon)]
蒸し暑くなりましたね。スタッフの田中です。

本日は相鉄線和田町にあるコミュニティカフェ「わっか」からソーシャルビジネス公開インタビューを行いました。いつもは私たちが所属している横浜コミュニティデザインラボからお送りするのですが、今回は出前インタビュー敢行です!

わっか外観.jpg
こちらが「わっか」です。

登場していただいたのは、「わっか」を運営している山田浩和さん、料理が好きでいつか店を持ちたいという月曜日の1Dayオーナーの杉木ゆかりさん、もうすぐ西谷でコミュニティカフェを開業する火曜日の1Dayオーナーの佐藤紀子さん。

中継中.jpg
左からインタビュー進行中のスタッフの杉浦、山田さん、佐藤さん、杉木さん。

「わっか」が生まれるまで(山田さん)、「わっか」に参加して(杉木さん)、「わっか」で夢をつかむまで(佐藤さん)、と三人三様の面白いお話を伺うことができました。起業前に「わっか」で1日オーナーになって、いろいろと試したり、学んだりするというのは、実践にとても役に立っている様子。インタビューはUSTREAMで同時中継。動画もご覧いただけます。

http://www.ustream.tv/recorded/23715254

インタビューは杉木さんのお手製カレーのいい匂いのする中行われました。食いしん坊のスタッフはこらえきれずに注文。ファンが多いというケーキも、甘さやこくが絶妙でおいしかったです!

杉木さんとカレー.jpg
10種のスパイスを使っているカレー。杉木さんの笑顔も11番目のスパイス。

曜日によってオーナーが趣向を凝らしたメニューやプログラムを用意しています。一度行ってみてくださいね。また1Dayオーナーや委託販売の棚の利用者なども募集中です。

http://www.hesochiku.com/wakka/index.php?pid=0

インタビュ−記事は後日ソーシャル・ポート・ヨコハマのサイトに掲載しますので、こちらもご覧くださいね!
石井造園さんのCSR報告会に来ています。[2012年06月23日(Sat)]
テレワークフォーラムから移動して、石井造園株式会社さんが年に一度開催するCSR報告会にお邪魔しています。

石井造園さんは横浜型地域貢献起業認定制度で最高位認定を受けている優良企業。企業の社会的責任を理解し、地域に貢献する様々な活動を「ついでに、無理なく、達成感のある活動」としておこなっています。

会場には、地元の中小企業の社長の姿も。けっこうな賑わいを見せてます。横浜ビールが飲み放題。まぐろステーキも出て、訪れた方たちはまずビールでリラックス。

R0014288.jpg
横浜ビールの社長もいらしてました。

R0014290.jpg
おいしそう!

発表会では、社員の方々がひとりずつ、今年度の成果を発表していきます。公園をつくったり、子供たちと多肉植物の小さな鉢植えを作って販売する社会勉強に協力したり、その内容はさまざま。石井社長は舞台袖でひとりずつ発表が終わると肩を叩いたり、握手をしてねぎらっています。社長と従業員の関係がとてもよいなぁというのも魅力的でした。

R0014324.jpg

社長はいつ会っても笑顔です。

R0014304.jpg
検索
検索語句
プロフィール

ポートちゃんさんの画像
ポートちゃん
プロフィール
ブログ
公式サイト