• もっと見る
Social Port Yokohama スタッフのブログ
横浜市ソーシャルビジネス普及事業2012
横浜ソーシャルビジネスポータルサイト「ソーシャルポートヨコハマ」スタッフのブログです
« フィールドワーク | Main | おしらせ »
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index2_0.xml
おいしいスープいただきました[2012年10月12日(Fri)]
ようやく涼しくなったのホッとしていたら、電車内では冷房が切れていて、かえって汗をかいてしまう鈴木です。

スープ_わかめ.jpg

昨夜は、横浜の起業家によるプレゼンテーションと交流会の『YOKOHAMA SOUP』が、桜木町で行われました。
会場の「のげシャーレ」は、落語でおなじみの「横浜にぎわい座」地下にある、ちょっとおもしろい空間です。
昨夜は「産地とのパイプづくりで社会を変える」をテーマに、「石巻復興支援プロジェクト」代表の花田寛明さんと、「株式会社えと菜園」代表取締役の小島希世子さんにプレゼンテーションしていただきました。
後半は、文字通りスープを飲みながらの交流会です。プレゼンターと参加者、あるいは参加者同士がお話できる温かい場になりました。
今回提供されたスープは、花田さんが三陸から仕入れている塩蔵わかめを使ったトマトのスープと、小島さんの農園で収穫された無農薬人参を使った焦がしポタージュです。「わかめ」は少し酸味もありすっきり系、「人参」は濃厚でいながら香ばしい系で、どちらも実においしく両方を味わうのはもちろん、おかわりされた方も多かったようです。調理は馬車道の「80*80」さんです(代表の赤木さんにも解説いただきました)。

スープ_ポタージュ.jpg

そして、今回は“食担当”のスタッフ田中の発案でフランスパンを用意。これが好評で、みなさんつまんだり、流行のつけパンにしたり楽しんでいらっしゃいました。
本当に素敵な場になり、参加者のみなさん、ご協力いただきましたみなさんに心より感謝申し上げます。

さて、次回(年明けの予定です)は真冬ですので、熱々のお鍋を用意しようなんて案も。それでは「YOKOHAMA NABE」になってしまいますので却下されました(笑)

スープ_全景.jpg

尚、プレゼンの様子はこちらでご覧になれます。
花田さんのプレゼン 小島(おじま)さんのプレゼン
SB公開インタヴュー第5回「(株)シェアするココロ」代表石井正宏さんは熱い魂の持ち主[2012年09月28日(Fri)]
山崎です。ごぶさたしています。ソーシャルビジネスに携わっている方にお話を聞くソーシャルビジネス公開インタヴューの5回目は、ニート・フリーター等の若者支援をしている「(株)シェアするココロ」(略シェアコロ)の石井正宏さんがゲストでした。

R0015426.JPG

「シェアするココロ」という社名は、若者支援の仕事に携わる以前に音楽活動もしていた石井さんが好きなアメリカのロックバンド、グレイトフル・デッドの活動から来ています。現在、音楽が売れない原因が音源シェアにあると言われている時代にちょっと信じられませんが、デッドは自身のライヴ会場での演奏を録音することを許可し、ファンたちはそのテープを共有(シェア)して交流を深めていました。

これら会場でテーピングするファンと現在のネット配信で育った若者との違いは、テーピングしたファンは、録音テープをシェアするものの、ライヴコンサートのチケットにカネを払って通い、アルバムが発売されるとちゃんと買うということです。自分たちの役割を理解していて、ミュージシャンを支えているサポート意識がありました。そこには共有する全体感があったのです。一方で、現代の若者にとっては、ネットを介してのみの関わりだとしたら、音楽の背景にあるそれを制作している人の実体が見えないことが、音楽を買わない要因かと思います。だからネット配信のせいにしてはいけないんですねホントは。アメリカでも現在はそういう若者が増えて、いろいろ次世代の在り方の模索を始めています。
http://thetrichordist.wordpress.com/2012/06/18/letter-to-emily-white-at-npr-all-songs-considered/

この2つの違いは、その人に対する共感があるかどうかだと思います。石井さんは高校の相談員をしたり地方に出掛けていって、自分が実体として“人の間”に分け入ることで、そこに共感を作り出そうとしています。

「シェアするココロ」の活動のひとつに、高校生にアルバイト兼インターンを斡旋する“バイターン”があります。就職前に社会経験をさせることが目的ですが(バイト経験のある子の就職率はない子に比べて抜群に高いそうです)、そこで得られるのは単に履歴書に書ける経歴だけでなく、雇用側と生徒たちの間に生まれる共感です。縁から生まれた「情」や「絆」を雇用に結びつけるための活動。エクセルで表が作れるなどの人間性以外の実務能力で雇用機会を探っているのではないところに特色があります。

起業から現状までのストーリーが、山盛り一時間聞けます↓


Video streaming by Ustream

テキストベースでの詳細は、ソーシャルポートヨコハマwebsiteで。

株式会社シェアするココロのウェブサイトは下記。
http://sharecoro.com/
ワーキングマザーの集いに男が潜入?[2012年09月08日(Sat)]
最近忙しくて休日も含めて立ち食いそばが日課の鈴木です。

08Hatch.jpg

今日は朝から「ワーママライフハック」さんのイベントに参加してきました。
参加者のほとんどが女性で、テーマも「私たちの働き方を考えよう!」でしたので、男の自分としてはちょっと“潜入”というカンジ。
実は「ワーママライフハック」の坂本愛子さんは「ソーシャルビジネス・フィールドワークVol.4」に参加してくださった女性起業家(都築区在住)。そして、そのとき訪問した「おうち保育園」代表である小栗ショウコさんと出会い、今日はその小栗さんもゲストでした!

「フィールドワーク」は、いろいろなところで繋がりが生まれていて嬉しい限りです。

イベントでは、小栗さんと、起業の準備中に妊娠し出産、子育てをしながら走り続けた唐松奈津子さん(スパルタデザイン株式会社代表取締役)と坂本さんのトークセッションからスタート、参加者の若々しいママさんたちは頷いたり笑ったりでおおいに盛り上がっていました。
お話の中から、女性が子育てをしながらも、当たり前のように働くことができる社会づくりが求められていることを実感。こういう話は、男性こそが聞くべきではないか!などと思った次第であります。

ところが、ちゃんと感じ取っている男性と出会いましたよ。
会場となった赤坂の「Hatch」のオーナーである片山勇志さんです。子育てをしながらも働きたいという奥さんを見て、小さなお子さん連れでも働けるスペースを考え出したとのこと。そう、「Hatch」は子供連れママやパパが安心して働けるキッズスペースが確保されたコワーキングオフィスなのです。
ガラスの向こうが保育スペースになっていて、今日も参加者のママたちのお子さんたちが元気に遊んでいました。

「小さな空間かもしれないけれど、こういう存在が認知されていけば大きな変化が生まれるはず。それに挑戦しているんです」
と、力強く語ってくれました。
横浜にもこんなスペースがあったら、輝く女性ももっともっと増えるんじゃないかなぁと思わずにはいられませんでした。
おっと、もちろん「Hatch」は男性だって使えますよ。
検索
検索語句
プロフィール

ポートちゃんさんの画像
ポートちゃん
プロフィール
ブログ
公式サイト