• もっと見る
Social Port Yokohama スタッフのブログ
横浜市ソーシャルビジネス普及事業2012
横浜ソーシャルビジネスポータルサイト「ソーシャルポートヨコハマ」スタッフのブログです
« フォーラムで再会予定 | Main | 都筑は愛されている! »
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/index2_0.xml
よこはま国際フォーラム2013[2013年02月28日(Thu)]
今日は日差しが暖かいですね。春の気配もしてきました。近々三渓園に梅観覧に出向きたいと考えている田中です。

さて、ソーシャルビジネスにはいろんな分野があり、特に自分の身につまされたり、興味をもつ分野があります。私にとって多文化共存、国際貢献はそういった分野のひとつ。横浜市で外国人人口がいちばん多い中区区民でもあります。そんな個人的興味で、みなとみらい地区にあるJICAで先日開催された『よこはま国際フォーラム』に行ってみました。

これはNGO連合会が国際交流、支援をしている団体を集めて、43団体が52のセミナーを行うという2日間の集中フォーラム。外国人のために医療通訳派遣活動をしているNPO法人MICかながわのセミナーに出てきました。

言葉がよくわからない国で病気になるのは心細いこと。おまけに医療用語は日常生活の語彙とは違うので余計に困ってしまいます。病院に行くのをためらっているうちに病状を悪化させる、2世の子どもを通訳代わりにしたために、自分の予想外に深刻な病状を子どもから伝えさせてしまう…言葉ができないために、外国人が遭遇する医療現場の不幸です。

MICかながわはそんな現状を少しでも助けたいと、国際交流に携わっているひとびと、ソーシャルワーカー、医者などが10年前に団体を立ち上げ、医療通訳の派遣を始めました。セミナーでは「医療通訳とは?」を具体的に紹介する3つの劇が披露され、質疑応答も和気あいあいと進められました。事務局長の森田さんは「とにかく活動を知ってもらいたい」と言います。神奈川県を中心に年間約4000件もの派遣があるのに、一般には医療通訳派遣のシステムはあまり知られていません。

よこはま国際フォーラム mic.jpg
熱演するスタッフのみなさん。

医療通訳は観光通訳などよりも厳密さを要求されます。また外国人患者の心細さを理解することができる人間的な温かさも必要です。現在は英、中、韓、ポルトガル、スペイン、タガログ、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ語の10カ国語、170人の通訳を擁しており、医療通訳講座を開講して通訳養成も行っています。経済的には「ソーシャルビジネスとは言えない状況」とおっしゃっていますが、これからのビジネスモデルやインターン活用の提案もできればいいなと思っています。どなたかアイデアのある方、いらっしゃいませんか?

さて、開催場所となったJICAの3階には港が一望できるレストランがあるのをご存知ですか? ベトナムのフォーやインド風カレーなど、エスニックのメニューも揃っています。世界のお酒も飲めますよ。ここで会期中のスペシャルランチを食べました。「Table for two」というシステムで、800円のうち20円がアフリカの子どものための食費として寄付されます。ランチの中にはなんと6カ国の名物お惣菜が! 盛りだくさんでお腹も心も満たされました。もぐもぐ。

よこはま国際フォーラム 弁当.jpg
名物を食べることはその国を知ること、なんちゃって。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/socialportyokohama/archive/71
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

ポートちゃんさんの画像
ポートちゃん
プロフィール
ブログ
公式サイト